NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

  • 現代の暮らしに馴染む和菓子を提案する『HIGASHIYA』のまんじゅう屋『HIGASHIYA man』が丸の内にオープン

    現代の暮らしに馴染む和菓子を提案する『HIGASHIYA』のまんじゅう屋『HIGASHIYA man』が丸の内にオープン

    伝統の和菓子を現代の暮らしに馴染む“日々の果子”として提案する和菓子店『HIGASHIYA』。職人手作りの菓子とギフトにもぴったりなモダンなパッケージで注目を集め、和菓子の魅力を多くの人に伝えてきました。 そんな『HIGASHIYA』の新店舗『HIGASHIYA man 丸の内』が丸の内仲通りに6月3日にオープン。店内では、『HIGASHIYA man』の看板商品の1つでもある蒸したてのまんじゅうをはじめ、季節の生菓子など、さまざまな和菓子がそろいます。

  • 50周年記念企画! 夢の「シガール・ストロー」体験も 「ヨックモック」が環境に優しい紙素材ストローに一新

    50周年記念企画! 夢の「シガール・ストロー」体験も 「ヨックモック」が環境に優しい紙素材ストローに一新

    くるっと巻いたクッキー「シガール」でおなじみのヨックモックが、「世界環境デー」にあたる2019年6月5日より、運営する全ての飲食店舗で提供しているストローを環境に優しい紙素材に変更しました。また、“全て食べられる”究極のエコストローとして、「シガール」をストローに見立てた「シガール・ストロー」を特別に開発。「ヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGE」限定で、ドリンクとセットで提供します(各日限定数・6月6日~30日まで)。

  • 日本ワインのスパークリングを一度に8種、飲み比べ! @CAFE STUDIO BAKERY|第2回 日本ワイン・テイスティングイベント

    日本ワインのスパークリングを一度に8種、飲み比べ! @CAFE STUDIO BAKERY|第2回 日本ワイン・テイスティングイベント

    日本ワインに造詣の深い、ソムリエ池戸卓さんセレクトの日本ワインを飲み比べるイベントの第2弾。今回は、日本全国津々浦々のワイナリーのスパークリングワインだけ! の飲み比べを企画しました。なんと、8種のスパークリングワインを一夜のうちにテイスティングできてしまう、一度に二粒も三粒も美味しいイベントです。 「今回の会は、それぞれのワインに興味を持っていただくというよりは、 日本にも色んなタイプのスパークリングワインがあるんだなぁ~、とご興味を持っていただき、飲み比べを楽しんでいただければと思っております」と池戸さん。 テイスティングいただけるワインのセレクションを、池戸さんのコメントと一

  • フランス ローヌ・アルプ地方の酒蔵『昇涙酒造』の日本酒が日本に上陸!

    フランス ローヌ・アルプ地方の酒蔵『昇涙酒造』の日本酒が日本に上陸!

    2017年6月、フランスのローヌ・アルプ地方、サン=テティエンヌ近郊の小さな街、ペリュサンに酒蔵『昇涙酒造(しょうるいしゅぞう)』が誕生しました。

  • 多彩なモツ料理と燗酒で初の居酒屋出店! 神宮前に「kogane(モツ酒場こがね)」 がオープン

    多彩なモツ料理と燗酒で初の居酒屋出店! 神宮前に「kogane(モツ酒場こがね)」 がオープン

    「足跡レストラン」でも取材したワインビストロ「+ruli-ro(ルリイロ)」を手がける株式会社コローリが、モツ料理と純米酒の居酒屋「kogane(モツ酒場 こがね)」をオープンしました。1号店の「trattoria 2colori(トラットリア・ドゥエ・コローリ)」から、姉妹店の「+ebi-ro(エビイロ)」、3号店の「+ruli-ro」まで、炭火焼肉料理とワインをメインに展開してきた同社初の居酒屋です。

  • SPECIALイベントレポート|カクテル漬けになれる1週間! 2019 TOKYO Cocktail 7 days

    SPECIALイベントレポート|カクテル漬けになれる1週間! 2019 TOKYO Cocktail 7 days

    あなたはどんなカクテルが好きですか? 「TOKYO Cocktail 7 days」は、2日間のメイン会場・Village(国連大学中庭広場)にて無料でカクテルを楽しめるイベントと、渋谷、新宿、池袋、六本木を中心とする都内63軒のバーホッピングを楽しもう、というカクテル好きにはもちろん、これからカクテルの魅力を発見したい、というお酒好きには格別のイベントです。3回目となる今年は、4月20日(土)から29日(月)の10日間にわたって開催されました。 初日の2日間は、9ブランドが旬のカクテルをフリーで提供(Villageにて)。来場者は、参加のための通行証となる“カクテルパスポー

  • 読者プレゼント|『にんべん』こだわりの「本枯鰹節」がフレッシュパックで登場!

    読者プレゼント|『にんべん』こだわりの「本枯鰹節」がフレッシュパックで登場!

    300年以上にわたり、東京・日本橋で鰹節専門店を営む『にんべん』。創業は元禄12年(1699年)。初代が当時貴重だった上方の鰹節を正当な価格で庶民へも販売し大繁盛したことから、その歴史が始まります。その後は、大正7年(1918年)に個人商店から株式会社へ。戦後、昭和23年(1948年)には、社名を髙津商店から「株式会社にんべん」へ改めました。 近年では、平成22年(2010年)、日本橋「COREDO室町」に新店舗「日本橋だし場」開店。家庭でもかつお節だしを気軽に味わえる「本枯鰹節 飲むおだし(かつお)/(かつおと昆布)」を発売するなど、新たな試みも行っています。

  • 銀座の老舗「銀座 松﨑煎餅」が12年ぶりにパッケージをリニューアル! 新商品が登場

    銀座の老舗「銀座 松﨑煎餅」が12年ぶりにパッケージをリニューアル! 新商品が登場

    老舗の煎餅店「銀座 松﨑煎餅」が、商品パッケージを一新。新商品も加わり、伝統を守りつつも、新たなブランドイメージで老舗の魅力を伝えます。 「銀座 松﨑煎餅」の歴史は200年以上。江戸時代後期、文化元年(1804年)に港区の魚籃坂にて創業しました。その後、三代目が慶応元年(1865年)に銀座に移転。平成28年(2016年)10月にすずらん通りにオープンしたフラグシップショップを翌年2月に本店とし、現在に至ります。商品は瓦煎餅、草加煎餅、あられ・おかきなどを中心に多くをとり揃え、どれも職人がシンプルな材料で丁寧に焼き上げたものです。

  • FOOD PORT.読者イベント|サトタカと話題沸騰のチャイニーズ、荒木町「南方中華料理 南三(みなみ)」に行こう!

    FOOD PORT.読者イベント|サトタカと話題沸騰のチャイニーズ、荒木町「南方中華料理 南三(みなみ)」に行こう!

    FOOD PORT.の人気連載「サトタカの行かねば損する東京の中華料理店」で紹介した「南三」。ここは東京で今もっとも予約が取り難い店として話題となっています(なんと、2ヶ月先の予約開始日に数時間で満席になってしまうのだとか!)。 その「南三」の特別コースを、中国を文字どおり食べ尽くす中華料理ジャーナリストのサトタカこと佐藤貴子さんの解説付きで味わう FOOD PORT.貸切イベントを5月21日(火)に開催します! すでに予約受付が終了している5月に「南三」に行ける、またとないチャンスです。

  • 4月27日公開 映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち 」に込めた、千葉麻里絵さんから日本酒へのラブレター

    4月27日公開 映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち 」に込めた、千葉麻里絵さんから日本酒へのラブレター

    2019年4月27日より、日本酒ドキュメンタリー映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』が公開されます。日本酒に魅了され、日本酒と人生を共にする3人の女性を主人公に描いた本作品。そのひとりが、以前「シェフの必需品」の取材で訪れた恵比寿の日本酒バー「GEM by moto」店主・千葉麻里絵さんです。千葉さんに、今回の映画に込めた想いを伺いました。

pagetop