RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

  • 野菜の個性がみなぎる、独創的フレンチ 青山 「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA」

    野菜の個性がみなぎる、独創的フレンチ 青山 「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA」

    肉や魚を使わず、野菜だけですべての料理を構成するレストラン「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA(リヴァイブ キッチン スリー  アオヤマ)」。朝・昼はブランチコースやカフェラテペアリング、夜は「restaurant RK(レストラン アールケー)」と店名を変え、フルコースやアルコールペアリングなどを提供します。ここで出合えるのは、フレンチの名店で研鑽を積んだ井口和哉(いぐち かずや)シェフが作る、趣向を凝らした野菜料理。「丹精込めて育てられた野菜は、さまざまな調理をしても本来の個性を残す」と、これまで培ってきたフレンチの技法を多用し、野菜だけとは思えないほどバラエ

  • 江戸切子の中で揺らぐ、“凛とした”コーヒー 錦糸町「すみだ珈琲」|RINの行かねば損する東京のカフェ

    江戸切子の中で揺らぐ、“凛とした”コーヒー 錦糸町「すみだ珈琲」|RINの行かねば損する東京のカフェ

    自称「スコーンの人」。作り手によって千差万別の“個性のカタマリ”、スコーンに魅了され、十数年にわたりカフェを訪ねてはお菓子やお店に表れる店主の「好き」を楽しんでいる、カフェライターRINさんが、「みんな違ってみんないい。 だからカフェって楽しい!」と思わせてくれる、個性豊かな東京のカフェや喫茶店をお伝えします。

  • シェフの必需品|青山「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA」 井口 和哉シェフ

    シェフの必需品|青山「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA」 井口 和哉シェフ

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載「シェフの必需品」。今回訪れたのは、肉や魚を使わない“野菜フレンチ”のレストラン「REVIVE KITCHEN THREE AOYAMA(リヴァイブ キッチン スリー アオヤマ)」。野菜のみで作られていることを忘れてしまうほど、力強い旨みと随所にアクセントを利かせた料理の裏側には、井口和哉(いぐち かずや)シェフの必需品の存在がありました。

  • これからの季節にぴったり。老舗「木村硝子店」のビールのためのグラス「サンサシリーズ」

    これからの季節にぴったり。老舗「木村硝子店」のビールのためのグラス「サンサシリーズ」

    1910年の創業の以来、ハンドメイドによる繊細さとオリジナリティの高いモダンなデザインにこだわり、硝子製品を作り続けている「木村硝子店」。その製品は、“プロが使うテーブルウェア”として、老舗レストランや料亭、ホテル、バーなどに選ばれ続け、また、日本のプロダクトデザインを牽引するデザイナーやデザインギャラリーからも高い評価を得ています。

  • 読者プレゼント|“まるごと伊勢海老”の贅を贈る  志摩観光ホテル「伊勢海老のクリームスープ」|名門ホテルの伝統ギフトvol.10

    読者プレゼント|“まるごと伊勢海老”の贅を贈る  志摩観光ホテル「伊勢海老のクリームスープ」|名門ホテルの伝統ギフトvol.10

    さまざまな形で“おもてなしの心”を表現する名門ホテル。連載「名門ホテルの伝統ギフト」では、そんな名ホテルや歴史ある旅館で長く愛される手土産をご紹介します。流行に流されないホテル自慢の贅沢な味わいは、自信をもってオススメできるものばかり。第10回目は、「志摩観光ホテル」の「伊勢海老のクリームスープ」です。

  • タレまみれの至福を味わう。三宿「焼肉 六甲園」|しおりんの行かねば損する東京の焼肉

    タレまみれの至福を味わう。三宿「焼肉 六甲園」|しおりんの行かねば損する東京の焼肉

    焼肉ならば毎日でも食べられる! 焼肉好きが高じて肉コラムまで執筆するようになったPR会社社長の「しおりん」こと、加藤紫織さん。最上の焼肉を求めて、東京を東へ西へ。そんな“焼肉ビューティー”が注目する東京の焼肉店を紹介します。

  • 待ち時間なしでこだわりの一杯を! 無人コーヒーサービス「root C」

    待ち時間なしでこだわりの一杯を! 無人コーヒーサービス「root C」

    5月6日(木)、コーヒー好きに嬉しいサービス「root C(ルートシー)」が登場しました。事前にアプリから注文しておくことで、指定時刻にスペシャルティコーヒーをロッカーから受取できるサービスです。受け取り時間に合わせて抽出が開始されるので、利用者は待ち時間なく、淹れたてのコーヒーを楽しめます。 正式リリース後の第一弾では、JR東京駅日本橋口丸の内中央ビル、JR新橋駅北改札外に設置しました。

  • “食”で海外旅行気分! 「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」で世界の食を楽しめるワンプレートを提供中

    “食”で海外旅行気分! 「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」で世界の食を楽しめるワンプレートを提供中

    「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」では、8月31日(火)まで “食旅”をテーマにした「ホテル一押し!“食”で海外旅行気分が味わえるワンプレートランチ or ディナー付き」宿泊プランを販売中。最長24時間の滞在と、世界の食を楽しめるランチもしくは、ディナーが付いたプランです。

  • 「東京ステーションホテル」の“進化系フレンチトースト”が新大久保のフードラボにて期間限定販売!

    「東京ステーションホテル」の“進化系フレンチトースト”が新大久保のフードラボにて期間限定販売!

    「東京ステーションホテル」では、5月6日(木)から5月16日(日)の11日間、新大久保駅ビルにオープンしたフードラボ「Kimchi, Durian, Cardamom,,,(キムチ、ドリアン、カルダモン,,,)」にて、「新しいスタイルのフレンチトースト」を販売します。同ホテルの総料理長・石原雅弘氏が考案したオリジナルのフレンチトーストです。 同ホテルでは、「“ホテルメイドのものを食べる幸せ”を感じてもらいたい」という想いから、今年の3月にホテルを飛び出す企画第1弾として、東京駅構内での弁当販売にチャレンジしました。予想を大幅に上回り好評であったことから、第2弾として、新大久保駅直上のフードラボ「Kimchi, Durian, Cardamom,,,」のシェアダイニングにポップアップ・ショップとして参画します。

  • コロナでも安心! 開放的なテラスでディナーを。六本木「リストランテ・オステリア」| ハヤシコウの行かねば損する東京のイタリアン

    コロナでも安心! 開放的なテラスでディナーを。六本木「リストランテ・オステリア」| ハヤシコウの行かねば損する東京のイタリアン

    日本人初のイタリア人! イタリア渡航歴25年。イタリアをライフワークに活躍するハヤシコウさん。自宅には醤油がない(つまり和食は食べない!)ほどイタリア料理好きなコウさんに、今行くべき東京のイタリアンを教えてもらいます。


pagetop