fbpx

NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

感動のペアリングがここに! 世界中で愛される「モエ アンペリアル」×和食

世界各国で愛され続ける、フランスのシャンパンメゾン「MOËT & CHANDON(モエ・エ・シャンドン)」。同社の代名詞ともいえる「モエ アンペリアル」は、深い旨みと爽やかな酸味、優れた泡の持続性を持ち、前菜からデザートまでさまざまな料理と調和する、まさに万能選手です。今回は、今もっともおすすめしたい、和食とのペアリングの魅力をご紹介します。

「モエ・エ・シャンドン」と「モエ アンペリアル」

1743年に創業した「モエ・エ・シャンドン」が常に抱き続ける願いは「シャンパンの魔法を世界中に」。フランス・シャンパーニュ地方で収穫される上質なブドウを原料に、長年培ってきたシャンパン造りのノウハウと近代的な設備を駆使して造る最高級のシャンパンは、あらゆる時間を記念すべき瞬間に変え、人々の人生に寄り添ってきました。

実はシャンパンには、厳格な定義があることをご存知でしょうか。シャンパーニュ地方でのみ醸造が許されており、使用するブドウの品種、醸造法、熟成期間など、フランスのワイン法「原産地統制名称(A.O.C.)」に規定された厳しい条件を満たしたスパークリングワイン(発泡性ワイン)だけが、「シャンパン」と名乗ることを許されます。

「モエ アンペリアル」はまさに正統派のシャンパンです。原料のブドウは広大な畑から選び抜かれた3種類。力強さのあるピノ・ノワールで味の骨格を作り、ムニエでまろやかさと豊かな果実味をプラス。そこにシャルドネの爽やかさと繊細さが加わることで、それぞれのブドウの個性を引き立てつつ、バランスのとれた味わいを生み出しています。

「モエ アンペリアル」×和食が織りなす完璧なペアリング

そんな真のシャンパンともいえる「モエ アンペリアル」の、今もっともおすすめしたい楽しみ方が和食とのペアリングです。ペアリングは、互いの味やテクスチャーの“対比”と“同調”が肝といわれています。「モエ アンペリアル」と和食のペアリングの中には、これらを随所に見出すことができるのです。

「モエ アンペリアル」× 塩・しょうゆ

人間の味覚には、甘み、酸味、塩味、苦み、旨みの五味があり、これらをどう合わせるかで食べ合わせの相性が決まるといわれます。和食の塩味は「モエ アンペリアル」の爽やかな果実味と対比する味わい。そのため、塩味が加わることで「モエ アンペリアル」はさらにフレッシュな味に変化します。一方、塩味に乳酸発酵と熟成の旨みが加わったしょうゆは、同じく発酵熟成で造られるシャンパンと同調する存在です。5つの味覚のうちで「モエ アンペリアル」に含まれていないのは、塩味だけ。それを和食によって補うことで五味が満たされ、見事な一体感が生まれます。

「モエ アンペリアル」×出汁

「モエ アンペリアル」と和食の相性を語る上で、出汁の存在は欠かすことができません。他のシャンパンに比べて、やや長い24ヶ月という熟成(瓶内二次発酵)期間を経て完成する「モエ アンペリアル」の美味しさの鍵は、この期間に生み出される芳醇なアミノ酸にあります。これは、出汁に含まれる旨みの素と同じ。鰹や昆布、煮干しなど、和食の命ともいえる出汁にはさまざまな種類がありますが、「モエ アンペリアル」はこれらの味わいと相乗効果を生み、一層強く旨みを感じられるようになります。

「モエ アンペリアル」×揚げ物・焼き物

最後に、天ぷらなどの揚げ物、焼き鳥や鉄板焼などの焼き物とのペアリングです。「モエ アンペリアル」のフレッシュな果実味は、揚げ物や焼き物の薬味として添えられる和柑橘と相まって油っこさをスッキリとさせる対比の効果を生むのはもちろん、「モエ アンペリアル」が持つ酵母由来の香りは、これらの料理特有の香ばしさと見事に同調。さらに、持続性に優れた泡が揚げ物のサクサクした食感と軽やかなリズムを生み出します。

今回、和食とモエ アンペリアルのペアリングについて教えてくださったのは、ワイン&チーズエデュケーターの冨永純子さん。「今、世界的にも『和食にはシャンパン』という人が増えていますが、数あるシャンパンの中でも、絶妙の条件を兼ね備えている『モエ アンペリアル』こそ、好相性を誇る最高峰」と断言しています。

“同調”と“対比”を意識するだけで、料理やシャンパンの楽しみ方の幅は大きく広がります。レストランや和食店で味わうもよし、自宅で手料理と合わせるもよし。ぜひ、あなただけの「モエ アンペリアル」と和食のペアリングを見つけて、お楽しみください

<商品情報>
販売元:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
商品名:モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル
価格:375ml 4,620円、750ml 7,370円、1,500ml 15,070円(すべて税込み、ギフトボックス入り)
公式HP:https://moet.com/ja-jp

文・山本愛理

更新: 2020年5月20日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop