• 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|鰻はし本|日本橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|鰻はし本|日本橋

    まずご紹介するのは「鰻の刺身」です。 「ぜひ一度は食べてほしいです。自家漬粒マスタードと塩の組み合わせか、魚醤とバルサミコでお召し上がりください」 そう言って私たちに提供してくれました。なめらかで透明感のある淡い色をしていますが、想像以上のしっかりとした歯応えと共に、鰻ならではの風味が口に広がります。これは鰻好きにはたまりません。粒マスタードと塩の組み合わせは、鰻本来の旨みを引き立てます。魚醤とバルサミコは絶妙なバランスで、思わず舌鼓を打ちました。 滅多にお目にかかることのない鰻の刺身。鰻の血には毒があり、刺身にするには適切な処理が必要なため、鰻屋でも刺身を出しているところは

  • シェフの必需品|日本橋「鰻はし本」橋本正平~後編~

    シェフの必需品|日本橋「鰻はし本」橋本正平~後編~

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具を紹介する連載、「シェフの必需品」。今回は、日本橋の老舗鰻屋「鰻はし本」の4代目・橋本正平さんの必需品です。創業時から受け継ぐ伝統に甘えることなく、日々、鰻の新しい可能性を導きだそうと邁進している橋本さん。後編では、絶滅の危機に瀕する鰻との向き合い方と、必需品、今後の展望についてお話を伺いました。

  • シェフの必需品|日本橋「鰻はし本」橋本正平~前編~

    シェフの必需品|日本橋「鰻はし本」橋本正平~前編~

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具をご紹介するコーナー「シェフの必需品」。今回は、日本橋の老舗鰻屋「はし本」の4代目・橋本正平さんです。 創業時から受け継ぐ伝統に甘えることなく、日々、鰻の新しい可能性を導きだそうと邁進している橋本さん。鰻屋を継ぐまでの生い立ちから、絶滅の危機に瀕する鰻との向き合い方、今後の展望についてお伺いしました。

  • 東日本橋にフードが魅力なブルーパブ誕生! 「日本橋ブルワリー」が人気です。

    東日本橋にフードが魅力なブルーパブ誕生! 「日本橋ブルワリー」が人気です。

    クラフトビールを提供するお店が増えてきましたが、美味しいお料理と一緒にいただけるお店となると、なかなか探すのが難しいところ。そんな状況の最中、11月15日にオープンした「日本橋ブルワリー」は一味違います。運営元は人形町の自然派ワインと三浦の契約農家から直送される新鮮野菜を使った優しい料理で人気の「UNION SAND YARD(ユニオンサンドヤード)」や、「安心な野菜をもっと日常に」 をコンセプトに、契約農家から直接仕入れている新鮮な野菜やフルーツを 自分好みにブレンドできる原宿のナチュラルジューススタンド「グリーン シェド (GREEN SHED)」を展開するZOT inc.。そのバックグラ

pagetop