• 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    お昼前にお店に足を運び、前菜2種・黒酢の酢豚・メイン料理・デザートがセットになった「ランチコース」(1,800円)を注文しました。数分後、前菜がテーブルに運ばれてくる頃には、店内は満席状態。そして待ちに待った前菜は「ピータン湯葉、柿と赤くらげの胡麻和え」。 ピータン湯葉は、塩気のある濃厚な味わいの皮蛋と、ムース状になった湯葉のなめらかな舌触りと香りのマリアージュを楽しむことができます。柿と赤くらげの胡麻和えは、プリプリとした赤くらげや柿のシャリシャリとした異なる食感が楽しめる一品に仕上がっています。

  • 4月2日「四川フェス」が中野で開催! 四川料理の名店が続々出店!

    4月2日「四川フェス」が中野で開催! 四川料理の名店が続々出店!

    中国料理と一口に言っても、その国土の広さから多種多様。大きくは山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理と八大菜系に分類されます。なかでも、“四川料理の父”と称される陳建民氏の功績により日本の家庭の食卓においても麻婆豆腐、回鍋肉、青椒肉絲、といった四川料理が広まっており、中華料理と聞いて思い浮かべるメニューの多くは四川料理の系譜を引いていると言えるのではないでしょうか?

pagetop