• 日本酒「楯野川」×GYOZA SHACKの限定イベント「TATENOKAWA DESIGN展」が開催!

    日本酒「楯野川」×GYOZA SHACKの限定イベント「TATENOKAWA DESIGN展」が開催!

    ここ数年、日本は空前の餃子ブーム。相次いで餃子専門店や餃子バルがオープンし、オシャレなお店も増えてきました。そんな餃子ブームの中でも、化学調味料完全不使用の餃子をメインとした本格派の餃子専門店「GYOZA SHACK(ギョウザ シャック)」が話題となっています。こだわりの餃子だけでなく、ワインはソムリエが厳選したヴァンナチュールのみ、日本酒は山形「楯野川」のみと、意外性のある組み合わせを愉しめるお店です。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|津久井|三軒茶屋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|津久井|三軒茶屋

    焼きそばも好きですが、焼うどんてたまに食べたくなるんですよね。結局、キャベツ・もやし・豚肉で、いたってシンプルな具材が一番美味しい。優しい醤油ベースの味付けでいただきました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ポパイ|三軒茶屋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ポパイ|三軒茶屋

    しっかりと下味が付いた豚のロースの生姜焼きと白いご飯との組み合わせは パーフェクト。「結構なボリュームだね」なんて編集Aと話していたことが嘘のよう。 ご飯とともにペロリでした。

  • この料理に感動した『こだわりの一皿』|名物イワシ料理|割烹味とめ|三軒茶屋

    この料理に感動した『こだわりの一皿』|名物イワシ料理|割烹味とめ|三軒茶屋

    三軒茶屋のすずらん通りの端にある、2階建ての日本家屋、割烹 味とめ。 『昭和』という言葉が似合いすぎる、和食居酒屋はすでに創業45年を越えている。 初めて足を踏み入れる人は、きっと驚くだろう。 しかし、このお店は何もかもから、愛情を感じることができる不思議なお店。 今回は愛すべき名物女将さんとともに、イワシ料理をご紹介。 いつも満面の笑顔で迎えてくれる、女将さん(辻 教子さん)が、千葉県・鋸南町から世田谷へ嫁いだのは昭和44年のこと。当時は、ご主人が厨房に立ち、ふぐと天ぷらの割烹のお店だったそうだ。現在は、2人の息子さんが厨房を守っている。 「お客さんが食べ

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|味とめ|三軒茶屋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|味とめ|三軒茶屋

    お店に入ってすぐに壁じゅうに貼ってあるメニューに驚き。なんと350種類ほどのメニューがあるんだそう。「1日1品として、全制覇に約一年かかるな」なんてどうでもいいことを考えながら、お店の雰囲気で一気にテンションが上がりました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|赤鬼|三軒茶屋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|赤鬼|三軒茶屋

    訪れたのは月曜日。カウンター、テーブル席、小上がりの席があるが、基本的に相席覚悟の超満員。隣の席の方々と意気投合、なんていうこともしばしば。

pagetop