• 十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    2017年11月22日、大平牧場内で自家産無農薬有機肥料を使用した牧草で育てた「十勝大平牛」の赤身を、各部位“きちんと食べる”ことをテーマとしたクックハウス「PEKO CISE(ペコシセ)」が奥渋谷にオープンしました。「十勝大平牛」は、父が黒毛和種、母がホルスタインの交雑種の牛で、脂肪と赤身のバランスがよく、きめ細かい繊維と濃厚な味わいが特長です。 店名である「PEKO」と「CISE」は、アイヌ語で「牛」と「家」という意味。多くの人がテーブルを囲んで食事を楽しみながら、誰しもが心地よい場所となるようにという願いを込めて名づけられています。 また、こちらではフ

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|CHACOあめみや|千駄ヶ谷

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|CHACOあめみや|千駄ヶ谷

    そんな中、1979年の創業から実直に、暖炉窯でステーキを焼いている老舗があります。「CHACOあめみや」に足を踏み入れると、レンガ壁にシンプルなインテリアが配置されたレトロな内観が目に入りますが、それよりも煙がもくもく! それもそのはず、ダイニングにある入り口近くの暖炉の炭火でお肉を焼いているのです。ディナーでは1kgの塊肉を豪快に焼いたリブロースステーキが名物ですが、もうひとつの名物がランチで提供される40食限定のハンバーグ。これがまた思い出に残る味わいなのです。

pagetop