RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    まずはMargottoのスペシャリテである「旨味と香り コンソメスープ」を一口。0.8番出汁を狙って"香り"にターゲットを置いて引いているため、味はさっぱり、香りは濃厚。羅臼昆布は、味の純度の濃い上の柔らかい部分約10cmの所のみを使用しているのだとか。提供される際には、65度のアツアツの状態。その後50度を切った、香りを心地よく感じるようになる温度のタイミングでトリュフを削りいれてくれます。 アツアツの状態のコンソメスープは、シンプルながらも昆布の出汁がしっかり。そしてトリュフをいれることで、ワイングラスを持った瞬間、トリュフの鼻にぬける良い香りと口の中に広がる香りが合わさり、私たちの

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    お昼前にお店に足を運び、前菜2種・黒酢の酢豚・メイン料理・デザートがセットになった「ランチコース」(1,800円)を注文しました。数分後、前菜がテーブルに運ばれてくる頃には、店内は満席状態。そして待ちに待った前菜は「ピータン湯葉、柿と赤くらげの胡麻和え」。 ピータン湯葉は、塩気のある濃厚な味わいの皮蛋と、ムース状になった湯葉のなめらかな舌触りと香りのマリアージュを楽しむことができます。柿と赤くらげの胡麻和えは、プリプリとした赤くらげや柿のシャリシャリとした異なる食感が楽しめる一品に仕上がっています。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|慎|新宿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|慎|新宿

    列に並んで魅力的なメニューとにらめっこをしているうちに順番が回ってきました。店内は、カウンター6席とテーブル席が2つ。アットホームな雰囲気が漂い、一人でも入りやすい空間が広がっています。今回は、そんな日本の食文化を背負っている誇り高き名店のイチオシメニューである「かしわ天ざる」を注文しました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|按田餃子|代々木上原

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|按田餃子|代々木上原

    店内は、テーブル席1つとカウンター6席。温かみのある空間は、居心地の良さを感じさせてくれます。レトロさを持ちながらも、清潔感溢れる店内はどこを写真に収めても絵になるほど。 また、按田餃子は、ミシュランガイド2016より新しく追加された「餃子」のカテゴリーで選ばれたお店でもあります。今回はそんな実力も伴う、按田餃子の定番メニューである水餃子定食を注文しました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|和菓子 薫風|千駄木

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|和菓子 薫風|千駄木

    最初にご紹介するのは、時間をかけて炊いた北海道十勝産の大納言小豆のあんと、瀬戸内岩城島のレモンの皮で作ったコンフィチュールを組み合わせた「レモンどら焼き」。しっとりとした皮に挟まれたあんは、甘さ控えめの上品な味わい。レモンのコンフィは、みずみずしさ溢れるフレッシュ感をプラスしてくれます。計算しつくされたバランスは、お見事と思わず口に出してしまいそうなほど絶妙なハーモニーを奏でます。 レモンどら焼きが開発されたきっかけは、少しでも傷が付いてしまうだけで廃棄になったり価格が落ちてしまった国産レモン本来の高い価値を、再び生み出そうと考えたことからでした。新しすぎる商品だと食べてもらえないと考え

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|饗 くろ喜|秋葉原

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|饗 くろ喜|秋葉原

    普段提供しているラーメンは、塩と味噌の2種類。にいがた地鶏・丹波黒どり・五島地鶏しまさざなみのガラ、たっぷりの野菜からとったしっかりかつ上品な味わいの塩。浅蜊と昆布からとった磯香るスープが特徴の味噌。もちろんスープ具材には化学調味料を一切使用していません。いずれも大人気のメニューですが、今回は、この季節にしか味わうことのできない限定メニューの「秋刀魚つけそば」を注文しました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|レストラン リューズ|六本木

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|レストラン リューズ|六本木

    店内は落ち着いた照明に心地の良いBGMが流れおり、リッチな大人の時間が楽しめそうな雰囲気。レストランリューズのランチコースメニューは、平日限定コース"Dejeuner"(3600円)、前菜2皿・魚料理・肉料理・デザートのコース"MENU DU JOUR"(5800円)、旬の素材を活かしたシェフのオススメコースMENU “Ryuzu”(8400円)があります。今回は、平日限定コースを注文しました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|京橋 もと|京橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|京橋 もと|京橋

    1日酢締めした鯵に、1時間半焼き旨みが凝縮された木の子。そこに梨を合わせて、醤油を少々。そしていくらが程よく全体をまとめてくれます。梨の甘味と柑橘の酸味が口の中に広がり、早くも一杯目の日本酒が飲みたくなります。 さてこちらのお料理に合わせるのは、「作 槐山一滴水(かいざんいってきすい)」。 兵庫県の愛山という希少な酒米を使った純米大吟醸酒です。フルーティーな香りと甘味、品の良い穏やかな酸が梨のニュアンスにピッタリ。なめらかな透明感が、優しく全体をまとめてくれます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|オクシモロン|二子玉川

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|オクシモロン|二子玉川

    開店時間にお店に訪れましたが、もうすでに約5組のお客さんが待っていました。ですが、お店で受付を行うと、メールで呼び出してくれる仕組みになっているので、列に並ぶことなく気楽に待つことができます。そして、順番が回ってきた喜びを噛み締めながら入店し、注文したのはオクシモロンの人気メニュー「エスニックそぼろカレー」。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Fukushima|都立大学

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Fukushima|都立大学

    こちらは「30種の自然農法野菜」。色鮮やかな旬の野菜を30種類も使用しており、「コールラビ」や「コリンキー」、「ゴルゴ」など普段食べる機会の少ない野菜も入っています。自然農法で野菜を栽培している京都八幡市の上村農園から主に仕入れているのだそう。 また、調理法もそれぞれの野菜の性質にあった方法で提供をしているとのことで、炭火で焼いたもの、石焼にしたもの、バターソテーや浅漬けにしたものなどさまざま。 一口いただくと、野菜本来のうまみが香りからも味からも伝わってきます。繊細で上品な野菜は、目でも楽しむことができる絶品お野菜です。

pagetop