RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|慎|新宿

編集部の足跡コメント

新宿駅から歩くこと約2分の場所に、うどんの名店「慎」がありました。お昼時に訪れると、道の反対側まで列が並ぶほどに人気があるこちらのお店。並んでる間に手渡されたメニューには、英語表記なども見受けられ、観光客がくることも多いのだそう。艶やかなうどんを食べれることを想像するだけで、ワクワクが止まりません。

列に並んで魅力的なメニューとにらめっこをしているうちに順番が回ってきました。店内は、カウンター6席とテーブル席が2つ。アットホームな雰囲気が漂い、一人でも入りやすい空間が広がっています。今回は、そんな日本の食文化を背負っている誇り高き名店のイチオシメニューである「かしわ天ざる」を注文しました。

かしわ天ざる 1000円

提供されてまず驚くのが見た目。くるくると渦状に巻かれた麺は、美しいの一言。そんな艶やかな麺は、味わいもとっても華やかです。つるつるとした喉越しの良さと、硬すぎず柔らかすぎない絶妙なぷりっと食感で、“コシ”と“ノビ”の究極の中間地点を指します。シンプルな味わいだからこそ分かる、うどん本来の美味しさ楽しむことができます。

それもそのはず、こちらのお店では、理想の究極うどんを実現をするために「打ちたて」「切り立て」「茹でたて」にこだわって提供されています。注文が入ってから丁寧に生地を切って打ち粉を最小限に抑え、大釜にて毎日変化する適正時間で茹でたら完成。そうして私達に提供されるのは”出来立て”の逸品。

さらに麺だけでなく、麺のつゆ、かしわ天も絶品なのが「慎」クオリティー。数種類の削り節と釧路産の香り高い昆布から取った関西風のダシに厳選された調味料を使用して作られたつゆは、存在感はありながらも主張しすぎない、麺や具材を引き立たせ上品な味わいです。食べやすいように一口サイズにカットされたかしわ天は、ぷりっとした身とサクサクした衣が、舌を唸らせます。当然、つゆとの相性もよく、食べる箸のスピードが早まるばかり。

そんな、日本の食文化を背負って立つ「慎」。細かいところまでこだわりぬかれた、究極の逸品を味わってみてはいかがでしょうか?

シン

慎

住所:
東京都渋谷区代々木2-20-16
相馬ビル1F
TEL:
03-6276-7816
営業時間:
[月・火・水・木・日]11:00~23:00(L.O.22:00)[金・土] 11:00~24:00(L.O.23:00) [祝日] 曜日の営業時間通り
定休日:
無休(年末年始を除く)
URL:
https://www.udonshin.com/

更新: 2017年11月22日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop