RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|饗 くろ喜|秋葉原

編集部の足跡コメント

秋葉原駅からあるくこと約7分。オープン前に訪れたにも関わらず約10名ほどの行列が出来ている大人気ラーメン店「饗 くろ喜」がありました。店主は、赤坂の料亭で料理の基礎を学び、イタリアン料理店や外食業界で飲食の世界を学んだまさに職人。店内は、テーブル4席とカウンター9席が並ぶ清潔感のある雰囲気。いずれも至極の一杯を味わおうと、ラーメン好きが肩を並べています。

普段提供しているラーメンは、塩と味噌の2種類。にいがた地鶏・丹波黒どり・五島地鶏しまさざなみのガラ、たっぷりの野菜からとったしっかりかつ上品な味わいの塩。浅蜊と昆布からとった磯香るスープが特徴の味噌。もちろんスープ具材には化学調味料を一切使用していません。いずれも大人気のメニューですが、今回は、この季節にしか味わうことのできない限定メニューの「秋刀魚つけそば」を注文しました。

麩がたっぷり練り込まれた自家製の平打ち麺は、口に入れた瞬間、香ばしい小麦の香りが鼻から抜けます。それもそのはず、こちらは焙焼した国内産小麦のふさまを練り込んでいます。もちもち、つるつるとした喉越しのよい口当たりは、何杯でも食べられそう。麺の上の中央に腰をすえているのは秋刀魚とねぎの揚げ浸し。その上にはみずの実という山菜とすだち、エリンギのお浸しがトッピングされています。みずの実のプチプチとした食感とエリンギのお浸しは、良いアクセントになっていて絶品の一言。横にはねぎ、レンゲの上には、箸休めのための柿と壬生菜胡麻和えが添えられています。

漬け汁は肝も含めた秋刀魚と水だけで作った濃厚な味わい。まさに秋刀魚の塩焼きをそのまま食べているような感覚に陥るほどの仕上がりになっています。途中で、トッピングされているすだちを絞れば、さっぱりとした爽やかさがプラスされた別の味わいが楽しめます。秋が口の中に向かって走って戻ってくるような、過ぎ行く季節を楽しめる一品です。

是非、この機会に職人が作る至極の一杯を楽しんでみてはいかがでしょうか。

饗 くろ喜モテナシ クロキ

饗 くろ喜

住所:
東京都千代田区神田和泉町2-15
四連ビル3号館 1F
TEL:
03-3863-7117
営業時間:
[月火木土] 11:30~15:00 18:00~21:00 [水] 11:30~15:00 (水曜のみ夜間営業が無い) ※麺もしくはスープがなくなり次第終了致します
定休日:
日・祝・水曜の夜
URL:
https://ameblo.jp/motenashikuroki/

更新: 2017年10月26日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop