RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|菩提樹|水道橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|菩提樹|水道橋

    お店へと続く階段を下れば、レトロな喫茶店風の佇まい。ドアを空けると、なんだか旅先でたまたま見つけた味のあるレストランといった趣きが感じられます。まずテーブルに座ると目に入るのは大きなメニューと、“お好きにどうぞ”のおつけもの3品。キムチ、ショウガ、大根が用意されています。ちびちびとつまみながらビールをいただきつつ、メニューを待ちましょう。ちなみにビールは珍しく「アウグスビール」がオンリスト。実はワインも自然派を揃えているなど、ドリンクにもこだわりが感じられます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|アビス|外苑前

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|アビス|外苑前

    初めて訪れる人は迷ってしまいそうな、ひっそりした場所にある「Abysse(アビス)」。2015年に移転するまで、ここに「Florilege(フロリレージュ)」がありました。それと入れ替わるように2015年3月15日に当時29歳だった目黒浩太郎シェフが「Abysse(アビス)」をオープン。一時期「Florilege(フロリレージュ)」に研修に行っていた時期もあり、川手寛康シェフのことは兄貴的な存在として慕っているそう。ランチは4,800円(税・サ別 ※2017年6月1日より¥5,800に皿数を増やして変更予定)でアミューズ、前菜2品、スープ、メイン、デセール2品の計7皿という構成です。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|蕎麦 流石|銀座

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|蕎麦 流石|銀座

    お昼はお蕎麦の単品はもちろん、一品料理にコースも数種類用意されています。平日に訪れる機会があるなら、「流石」の名物メニューが堪能できるおまかせコースがおすすめ。小鉢、かけそば、かき揚げ、もりorひやかけ、デザートの5品がいただけます。まず最初に出てきたのは、生湯葉。大豆と黒豆の2種類で、どちらも、ねっとりと舌に絡むような食感。一口いただけば、ほのかに感じられる豆の香りと、かえしの風味。はかなくとも印象に残る1品でスタートです。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ドン ブラボー|国領

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ドン ブラボー|国領

    店内はカウンター2席に、テーブル席、奥には個室にもなる席もあり、色んなシチュエーションで使えそう。こちらは、天才と謳われた林冬青シェフが広尾で営んでいた「ACCA(アッカ)」で修業した後、イタリアのミシュラン星付きのリストランテを経て、後に「TACUBO」をオープンするの田窪大祐シェフとともに「Ristrantino Barca(リストランティーノ バルカ)」を立ち上げ。三宿「boccondivino(ボッコンディビーノ)」の料理長を務めた後に2012年に独立した平雅一さんがオーナーシェフを務めます平さんの料理にかける想いは「シェフの必需品(http://foodport.jp/people/

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|アルマ|恵比寿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|アルマ|恵比寿

    「ALMA(アルマ)」のコンセプトは東北魚介イタリアン。店名はラテン語で「恵み」を意味し、東北の食材を贅沢に使った料理を提供します。そんな話がカウンター上のボードに記載されており、店先ではコースに使われる野菜が販売されていたり、食材の目利きに自信があることがうかがえます。2017年4月8日からはじまった野菜のコースは、東北で作られた野菜の美味しさと、野菜を食べることの楽しさをもっと知ってほしいという想いから考案されたものだとか。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|東京チャイニーズ 一凛|築地

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|東京チャイニーズ 一凛|築地

    ランチのメニューは常時4〜5種類の定食セット。名物のよだれ鶏や、白い麻辣豆腐、担々麺などを織り交ぜつつ、日替わりでメニューの入れ替わりがあり、通う楽しみがあります。この日もオープンから人の入りが絶えず、列が落ち着いたのは13:30ごろになってから。担々麺か、ズワイガニとレタスの炒飯か、よだれ鶏の冷麺か迷いつつも、エビチリとよだれ鶏のお膳をセレクトしました。卵スープとジューシーな焼売がついています。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|シュヴァル・ド・ヒョータン|池袋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|シュヴァル・ド・ヒョータン|池袋

    この日は池袋「Cheval de Hyotan(シュヴァル・ド・ヒョータン)」にランチで伺いました。西口から徒歩10分と池袋の中心部から離れた場所にあります。軽い前菜、メイン料理 の「Menu de Jour」1,900円、前菜、メイン・デザートの「Menu de Hyotan」2,800円、そして5皿のシェフおまかせコース「Menu de Cheval」4,500円とランチのコースは3種。今回は「Menu de Hyotan」をいただきました、前菜、メイン、デザートそれぞれ2〜4種類から選べるスタイルで、ハマグリやボタンエビ、ホワイトアスパラにウズラなどなど、美味しそうなメニューが並びます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|王ろじ|新宿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|王ろじ|新宿

    暖簾をくぐれば程よく整頓された小綺麗な店内。渋いお店ゆえに界隈のベテランなビジネスパーソンが席を埋め尽くしていると思いきや、百貨店勤務と思われるシュッとした様子の女性や、買い物の腹ごしらえと思しき女子もちらほら。カツを揚げている油がBGMの静かな店内で、みんな美味しそうにとんかつにかぶりついているのです。   そんな「王ろじ」の名物メニューは「とん丼」。まろやかながらスパイスの辛みが効いた「インディアンカレー」に、ごろっと丸っこいトンカツがソースを纏いながらのっかった、いわゆるカツカレー。サクッと、というよりもカリカリ食感な衣の中には筒状に巻かれた豚ロース。これだけ分厚いため、お

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ルリイロ|池尻大橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ルリイロ|池尻大橋

    まず最初にいただいたのが、「+ruli-ro (ルリイロ)」自慢の自家製シャルキュトリの盛り合わせ。この日のメンバーは男性のみだったのですが、思わず黄色い歓声があがり、写真をパシャパシャと撮ってしまうほどのビジュアル。パテカン、ハム、リエット、砂肝のコンフィ、ベーコン、豚タン、鴨のコンフィ、蝦夷鹿のハムという面々。どれもワインが進む力強いお味で、特に蝦夷鹿のハムの滋味深い味わいは忘れられない美味しさ。1皿目でぐっと心を掴まれました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|立呑み とだか|五反田

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|立呑み とだか|五反田

    まず1品目は、たっぷり鰹節とタルタルソースが載った子持ち昆布のフライ。あつあつのままかぶりつけば、さくっと香ばしい衣に包まれたぷちぷち食感の子持ち子持ち昆布が顔を出します。昆布の旨みとタルタルソースに鰹節の香りが口の中で調和して、ビールが進むお味。ちなみにこちらの瓶ビールは赤星というのも嬉しいポイントです。

pagetop