PEOPLE

食に携わる注目の人物をインタビュー

|血統の一皿[9]|
名店から生まれたセカンドライン
EPISODE 09
いぐち 上ル -恵比寿- 【大柳一】

日本を代表する名料理人、名店。料理やサービス、店づくりに対する想いを受け継ぎながら、自らの“色”を打ち 出している。そんな名店のセカンドラインを、元となるお 店(1st)の主義と感性をお伝えしつつご紹介。

09「いぐち 上ル」天ぷら/恵比寿

「中目黒 いぐち」が展開する4店舗目は、カジュアルプライスの天ぷら店。少量多皿のコースや大人好みのシックな空間は「いぐち」の共通コンセプト。軽やかな食感の天ぷらと串揚げ、一品料理を織り交ぜたコースは、豊富に揃うワインとともに楽しむのがおすすめです。

天ぷらをもっと楽しく、カジュアルに!

鮨と並んで“和食の華”と言われる天ぷらを気軽に楽しめる店がオープンし、話題を呼んでいます。手がけたのは、焼鳥の人気店「中目黒 いぐち」。これまでの焼鳥店のイメージをくつがえす黒を基調としたシックな空間や、少量多皿のコース、ピンチョスのようにひと口サイズで出す串ものが男性だけでなく、女性からも支持を集める理由。現在、自身が店に立つ焼鳥店のほかに5店舗を展開する店主の井口勝広さんは「料理が美味しいのは大前提。新しい食の空間や価値観をどんどん提案していきたいです」と、意欲的。「焼鳥店としてスタートしたのに、なぜ天ぷら?」という疑問には「火を入れることで食材のポテンシャルをさらに引き出すという考え方に変わりはない」と、明快な答えが。天ぷら店をオープンさせるにあたり選んだのは、カジュアルプライスの美食店がひしめく恵比寿。隠れ家的な空間作りを得意とする「いぐち」とあって、駅にほど近い場所ながら、非日常的で秘めやかな雰囲気がたっぷり。「こんなところに天ぷら店があるの? という意外性をお客様に感じていただきたくて、あえて雑居ビルの上階に。店名も階段を上がるのと天ぷらを揚げる、をかけたんですよ(笑)」と井口さん。料理は全23品が登場する4,980円のコースのみ。天ぷらのほかにひとくちカツサンドや一品料理を盛りこんだサプライズ感のある内容に心が弾みます。カラリと揚がった天ぷらには旬の食材の旨みが凝縮。関西のB級グルメを代表する串揚げも「いぐち」にかかれば、洗練された味わいに。コストパフォーマンス抜群の美食空間に、思わず気分が“上がり”ます。

ハムカツ、海老の天ぷら、茄子 の串揚げ。料理は4,980円のコー スの一例。熱々の串揚げも登場。 遊び心を感じさせるメニュー構成 も「いぐち」ならでは。キスの 天ぷら。軽やかな食感に仕上げる ために衣の配合を工夫。カラリと 揚がった天ぷらには、旬の旨みが 凝縮! 

【1ST】中目黒 いぐち

原宿の老舗焼鳥店で修業を積んだ井口勝広さんが、これまでになかった新しいスタイルの焼鳥を提案。フォアグラのコロッケや季節の茶碗蒸しなどの一品料理、ピンチョススタイルで供される焼鳥は女性客にも好評です。コースは4,800円のみ。〆に登場する“本気のカルボナーラ”も必食!

中目黒 いぐち
03・6451・0575
東京都目黒区目黒
1-2-9 ハイネス中目黒ビルディング109
17:00~24:00
無休

いぐち 上ルイグチ アガル

いぐち 上ル

住所:
東京都渋谷区東3-25-6
楠ビル5F
TEL:
03・5422・9153
営業時間:
18:00~24:00
定休日:
無休
URL:
http://www.nakameguro-iguchi.com/

Photo 中庭愉生 Text小寺慶子

※こちらの記事は2016年1月20日発行『メトロミニッツ』No.159に掲載された情報です。

更新: 2016年12月26日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop