RELEASE 注目の記事

  • 無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    2017年12月1日より、無添加食材にこだわったおむすび専門店「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープンします。コンセプトは、「むすびのふる里」。ふる里のような優しい佇まいで、”手作り感”と”和”を感じることができます。そのため、おむすびだけでなくお惣菜にも一切添加物を使わず、居心地の良い店内の雰囲気作りにこだわっています。

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。前回は西麻布の「Margotto e baciare」の加山賢太シェフが料理に興味を持ったきっかけや、大事にしている師匠からの言葉などを伺いました。そして、今回お聞きしたのは加山シェフにとっての“必需品”について。早速ご紹介していきます。

  • |季節のおくりもの|「NUMBER SUGAR」のアップルシナモンキャラメルクリーム

    |季節のおくりもの|「NUMBER SUGAR」のアップルシナモンキャラメルクリーム

    地下鉄明治神宮前駅から徒歩5分。渋谷と表参道をつなぐキャットストリートにある「NUMBER SUGER」。無添加にこだわった本格派手作りキャラメルの専門店です。味はもちろんのこと、パッケージのお洒落さでも国内外で人気となっています。 元々店主の方が飴職人をやられており、色々砂糖菓子をつくってみた結果、キャラメルの反応が一番よく、そこからキャラメルの奥深さに惹かれていったのがきっかけだったそう

  • 11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

    11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

    2017年11月28日、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2018」が発表されました。11年目を迎える今回は、512軒の飲食店・レストランと、42軒の宿泊施設が掲載されています。 三つ星の12軒は同じ顔ぶれ。中でも11年連続三つ星を獲得したのは4軒で、日本料理「かんだ」、フランス料理「カンテサンス」、「ジョエル・ロブション」、寿司「すきやばし 次郎 本

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    お昼前にお店に足を運び、前菜2種・黒酢の酢豚・メイン料理・デザートがセットになった「ランチコース」(1,800円)を注文しました。数分後、前菜がテーブルに運ばれてくる頃には、店内は満席状態。そして待ちに待った前菜は「ピータン湯葉、柿と赤くらげの胡麻和え」。 ピータン湯葉は、塩気のある濃厚な味わいの皮蛋と、ムース状になった湯葉のなめらかな舌触りと香りのマリアージュを楽しむことができます。柿と赤

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~前編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~前編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。12回目の今回は、西麻布にあるフレンチレストラン「Margotto e baciare」の加山 賢太シェフです。両親がレストランを経営していたということもあり、気づいたときにはシェフの道に進んでいたのだとか。必需品をうかがう前に、料理人を目指したきっかけや、加山シェフの料理のインスピレーションなどについて伺いました。

  • 歴史刻む味わい「岡埜栄泉総本家本店」の大福|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

    歴史刻む味わい「岡埜栄泉総本家本店」の大福|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

    上野駅から徒歩約1分の場所に「岡埜栄泉総本家」がありました。こちらの岡埜栄泉さんは、2018年で創業145周年を迎える歴史ある和菓子屋です。五代目の岡野俊一郎さんは国際オリンピック委員などアマチュアスポーツ界で幅広い活動を行っており、現在は六代目の岡野大介さんがお店の切り盛りを行っています。店内に足を踏み入れると、大福やどら焼きなど魅力的な和菓子が肩を並べています。今回は、岡埜栄泉さんの不動の大人

  • 十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    2017年11月22日、大平牧場内で自家産無農薬有機肥料を使用した牧草で育てた「十勝大平牛」の赤身を、各部位“きちんと食べる”ことをテーマとしたクックハウス「PEKO CISE(ペコシセ)」が奥渋谷にオープンしました。「十勝大平牛」は、父が黒毛和種、母がホルスタインの交雑種の牛で、脂肪と赤身のバランスがよく、きめ細かい繊維と濃厚な味わいが特長です。 店名である「PEK

  • RELEASE
  • RECOMMEND
  • RANKING
  • 無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    2017年12月1日より、無添加食材にこだわったおむすび専門店「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープンします。コンセプトは、「むすびのふる里」。ふる里のような優しい佇まいで、”手作り感”と”和”を感じることができます。そのため、おむすびだけでなくお惣菜にも一切添加物を使わず、居心地の良い店内の雰囲気作りにこだわっています。

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。前回は西麻布の「Margotto e baciare」の加山賢太シェフが料理に興味を持ったきっかけや、大事にしている師匠からの言葉などを伺いました。そして、今回お聞きしたのは加山シェフにとっての“必需品”について。早速ご紹介していきます。

  • |季節のおくりもの|「NUMBER SUGAR」のアップルシナモンキャラメルクリーム

    |季節のおくりもの|「NUMBER SUGAR」のアップルシナモンキャラメルクリーム

    地下鉄明治神宮前駅から徒歩5分。渋谷と表参道をつなぐキャットストリートにある「NUMBER SUGER」。無添加にこだわった本格派手作りキャラメルの専門店です。味はもちろんのこと、パッケージのお洒落さでも国内外で人気となっています。

    元々店主の方が飴職人をやられており、色々砂糖菓子をつくってみた結果、キャラメルの反応が一番よく、そこからキャラメルの奥深さに惹かれていったのがきっかけだったそう

  • 11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

    11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

    2017年11月28日、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2018」が発表されました。11年目を迎える今回は、512軒の飲食店・レストランと、42軒の宿泊施設が掲載されています。

    三つ星の12軒は同じ顔ぶれ。中でも11年連続三つ星を獲得したのは4軒で、日本料理「かんだ」、フランス料理「カンテサンス」、「ジョエル・ロブション」、寿司「すきやばし 次郎 本

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    お昼前にお店に足を運び、前菜2種・黒酢の酢豚・メイン料理・デザートがセットになった「ランチコース」(1,800円)を注文しました。数分後、前菜がテーブルに運ばれてくる頃には、店内は満席状態。そして待ちに待った前菜は「ピータン湯葉、柿と赤くらげの胡麻和え」。

    ピータン湯葉は、塩気のある濃厚な味わいの皮蛋と、ムース状になった湯葉のなめらかな舌触りと香りのマリアージュを楽しむことができます。柿と赤

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~前編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~前編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。12回目の今回は、西麻布にあるフレンチレストラン「Margotto e baciare」の加山 賢太シェフです。両親がレストランを経営していたということもあり、気づいたときにはシェフの道に進んでいたのだとか。必需品をうかがう前に、料理人を目指したきっかけや、加山シェフの料理のインスピレーションなどについて伺いました。

  • 歴史刻む味わい「岡埜栄泉総本家本店」の大福|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

    歴史刻む味わい「岡埜栄泉総本家本店」の大福|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

    上野駅から徒歩約1分の場所に「岡埜栄泉総本家」がありました。こちらの岡埜栄泉さんは、2018年で創業145周年を迎える歴史ある和菓子屋です。五代目の岡野俊一郎さんは国際オリンピック委員などアマチュアスポーツ界で幅広い活動を行っており、現在は六代目の岡野大介さんがお店の切り盛りを行っています。店内に足を踏み入れると、大福やどら焼きなど魅力的な和菓子が肩を並べています。今回は、岡埜栄泉さんの不動の大人

  • 十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    2017年11月22日、大平牧場内で自家産無農薬有機肥料を使用した牧草で育てた「十勝大平牛」の赤身を、各部位“きちんと食べる”ことをテーマとしたクックハウス「PEKO CISE(ペコシセ)」が奥渋谷にオープンしました。「十勝大平牛」は、父が黒毛和種、母がホルスタインの交雑種の牛で、脂肪と赤身のバランスがよく、きめ細かい繊維と濃厚な味わいが特長です。

    店名である「PEK

SPECIAL

PICK UP

NEWS

MORE

  • 無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

  • あのパリの名店、熟成肉専門ビストロ「ル・セヴェロ(le Severo)」がリニューアルオープン

    あのパリの名店、熟成肉専門ビストロ「ル・セヴェロ(le Severo)」がリニューアルオープン

RESTAURANT

MORE

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

PEOPLE

MORE

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~前編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~前編~

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

GIFT

MORE

  • |季節のおくりもの|伝統を受け継ぐフランス菓子「A.Lecomte」の2017年クリスマスケーキ

    |季節のおくりもの|伝統を受け継ぐフランス菓子「A.Lecomte」の2017年クリスマスケーキ

  • 長年愛される本物の味「塩野」の栗最中|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

    長年愛される本物の味「塩野」の栗最中|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

SNS

pagetop