RELEASE 注目の記事

  • シェフの必需品|代々木上原「Gris(グリ)」 鳥羽周作 ~前編~

    シェフの必需品|代々木上原「Gris(グリ)」 鳥羽周作 ~前編~

    今回から始まるFOOD PORT.の新連載「シェフの必需品」。東京のグルメシーンを牽引するシェフの料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナーです。記念すべき第1回は代々木上原にあるモダンフレンチで、東京で最も勢いのあるレストラン「Gris(グリ)」を率いる鳥羽周作シェフにお話しを聞きました。まず、必需品の紹介の前に鳥羽さんの人となりを探ってみましょう。

  • #3|初夏ワインの上手な選び方〜ワイン・ライター葉山さんに語ってもらいます!〜

    #3|初夏ワインの上手な選び方〜ワイン・ライター葉山さんに語ってもらいます!〜

    初夏ワイン、買えそうな気がしてきましたか? 最後に、楽しくワインを選ぶために私からちょっとしたアドバイスを。たとえば、デートの前日。女性なら「どの服を着て行こうかな」と鏡の前で「着せ替え人形ごっこ」をし、男性は、「どのレストランで何を食べようか?」とドキドキ迷う。これと同じように、ワイン選びでもワクワク楽しく迷おう。迷った時に、次の7つの法則で「とびきりの初夏ワイン」を選んでほしい。

  • 銀座三越でイベント「ぎんざでパンとコーヒー 2017」開催! 4月19日~25日まで!

    銀座三越でイベント「ぎんざでパンとコーヒー 2017」開催! 4月19日~25日まで!

    先日、新宿伊勢丹で開催された「ISEPAN!」は大盛況に終わったようで、東京のパン関連イベントは相変わらず、どこも大変な人気のようです。昼過ぎにはほとんどパンがない!というイベントもちらほらあり、世の中のパン好きの熱量たるや侮れないものがあります。そして、この4月にこれまたパン好きが殺到しそうなイベントが開催されるのです。その名も三越銀座店の「ぎんざでパンとコーヒー 2017」。4月19日(水)~

  • #27|鯛茶漬けをヒントに生まれた〆の名物フレンチ鯛めし[Bistrot a la Demande]田町

    #27|鯛茶漬けをヒントに生まれた〆の名物フレンチ鯛めし[Bistrot a la Demande]田町

    横田浩史シェフの地元・芝浦で10坪19席のビストロを開業したものの、連日満席で手狭になり、2015年4月に席数を倍にして移転リニューアル。"仰せの通りに"という意の店名を掲げる通り、横田シェフの心意気はメニューだけでなく、ブーランジェリーやテラス席まで、お客さんの要望を反映して作ってしまうほどで、8割以上が常連、そのうち5割がヘビーユーザーというのも納得。「日本の風土に合うフレンチを」と、扱う野菜

  • #26|熟成鮨をさらに進化その秘密兵器とは?【鮨 心白】広尾

    #26|熟成鮨をさらに進化その秘密兵器とは?【鮨 心白】広尾

    グルメが集う街、広尾にあるこの店の主は、魚の熟成に関して精通する石田大樹さん。研究に研究を重ねて導入したのは、なんと電圧が流れる冷蔵庫でした。これは、医療の世界で使用されているマイナスの温度帯でも凍らないという技術を搭載した代物。魚は凍らせると細胞が死んでしまいます。ですがこの冷蔵庫を使用すれば、細胞を傷つけずに低温熟成できるので、"足が早い"鮨ダネでも新鮮な香りを保ちつつ、身の部分は熟成が進み、

  • 4日間かけて作る自家製パストラミのサンドが最高に美味しい 浅草橋「グッドバイブス」OPEN!

    4日間かけて作る自家製パストラミのサンドが最高に美味しい 浅草橋「グッドバイブス」OPEN!

    浅草橋と秋葉原のちょうど中間、近くには三井記念病院があって、連日行列のラーメン店「くろ㐂」や、プロヴァンスで修業した高田修平シェフが率いるレンチレストラン「PATATI PATATA(パタティパタタ)」がある、あのあたりになにやらすこぶる良い空気が流れるお店ができたのです。その名も「The Good Vibes(グッドバイブス)」。昼はテイクアウトもできるサンドウィッチショップ、夜はサンドウィッチ

  • #15|遠征レストラン|東京の名料理人がわざわざ赴く店〜近畿編 京都府 20軒〜

    #15|遠征レストラン|東京の名料理人がわざわざ赴く店〜近畿編 京都府 20軒〜

    厳選された旬の食材から炭火で引き出す奥深い味 祇園の路地に佇む、かつてお茶屋さんだったという建物を改装したお店。「炭火割烹」の名の通り、メニューは主に豊富に取り揃えた旬の食材の炭焼きです。例えば、表面をカリッと強めの火で香ばしく焼き上げ、中はふんわりレアな状態に仕上げた甘鯛など、炭焼きというシンプルな料理ながら独創性を感じるのが店主・山本典央さんの妙技。どんな食材であっても旨みを極限まで引き

  • RELEASE
  • RECOMMEND
  • RANKING
  • NEW
    シェフの必需品|代々木上原「Gris(グリ)」 鳥羽周作 ~前編~

    シェフの必需品|代々木上原「Gris(グリ)」 鳥羽周作 ~前編~

    今回から始まるFOOD PORT.の新連載「シェフの必需品」。東京のグルメシーンを牽引するシェフの料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナーです。記念すべき第1回は代々木上原にあるモダンフレンチで、東京で最も勢いのあるレストラン「Gris(グリ)」を率いる鳥羽周作シェフにお話しを聞きました。まず、必需品の紹介の前に鳥羽さんの人となりを探ってみましょう。

  • NEW
    #3|初夏ワインの上手な選び方〜ワイン・ライター葉山さんに語ってもらいます!〜

    #3|初夏ワインの上手な選び方〜ワイン・ライター葉山さんに語ってもらいます!〜

    初夏ワイン、買えそうな気がしてきましたか? 最後に、楽しくワインを選ぶために私からちょっとしたアドバイスを。たとえば、デートの前日。女性なら「どの服を着て行こうかな」と鏡の前で「着せ替え人形ごっこ」をし、男性は、「どのレストランで何を食べようか?」とドキドキ迷う。これと同じように、ワイン選びでもワクワク楽しく迷おう。迷った時に、次の7つの法則で「とびきりの初夏ワイン」を選んでほしい。

  • NEW
    銀座三越でイベント「ぎんざでパンとコーヒー 2017」開催! 4月19日~25日まで!

    銀座三越でイベント「ぎんざでパンとコーヒー 2017」開催! 4月19日~25日まで!

    先日、新宿伊勢丹で開催された「ISEPAN!」は大盛況に終わったようで、東京のパン関連イベントは相変わらず、どこも大変な人気のようです。昼過ぎにはほとんどパンがない!というイベントもちらほらあり、世の中のパン好きの熱量たるや侮れないものがあります。そして、この4月にこれまたパン好きが殺到しそうなイベントが開催されるのです。その名も三越銀座店の「ぎんざでパンとコーヒー 2017」。4月19日(水)~

  • NEW
    #27|鯛茶漬けをヒントに生まれた〆の名物フレンチ鯛めし[Bistrot a la Demande]田町

    #27|鯛茶漬けをヒントに生まれた〆の名物フレンチ鯛めし[Bistrot a la Demande]田町

    横田浩史シェフの地元・芝浦で10坪19席のビストロを開業したものの、連日満席で手狭になり、2015年4月に席数を倍にして移転リニューアル。"仰せの通りに"という意の店名を掲げる通り、横田シェフの心意気はメニューだけでなく、ブーランジェリーやテラス席まで、お客さんの要望を反映して作ってしまうほどで、8割以上が常連、そのうち5割がヘビーユーザーというのも納得。「日本の風土に合うフレンチを」と、扱う野菜

  • NEW
    #26|熟成鮨をさらに進化その秘密兵器とは?【鮨 心白】広尾

    #26|熟成鮨をさらに進化その秘密兵器とは?【鮨 心白】広尾

    グルメが集う街、広尾にあるこの店の主は、魚の熟成に関して精通する石田大樹さん。研究に研究を重ねて導入したのは、なんと電圧が流れる冷蔵庫でした。これは、医療の世界で使用されているマイナスの温度帯でも凍らないという技術を搭載した代物。魚は凍らせると細胞が死んでしまいます。ですがこの冷蔵庫を使用すれば、細胞を傷つけずに低温熟成できるので、"足が早い"鮨ダネでも新鮮な香りを保ちつつ、身の部分は熟成が進み、

  • NEW
    4日間かけて作る自家製パストラミのサンドが最高に美味しい 浅草橋「グッドバイブス」OPEN!

    4日間かけて作る自家製パストラミのサンドが最高に美味しい 浅草橋「グッドバイブス」OPEN!

    浅草橋と秋葉原のちょうど中間、近くには三井記念病院があって、連日行列のラーメン店「くろ㐂」や、プロヴァンスで修業した高田修平シェフが率いるレンチレストラン「PATATI PATATA(パタティパタタ)」がある、あのあたりになにやらすこぶる良い空気が流れるお店ができたのです。その名も「The Good Vibes(グッドバイブス)」。昼はテイクアウトもできるサンドウィッチショップ、夜はサンドウィッチ

  • NEW
    #15|遠征レストラン|東京の名料理人がわざわざ赴く店〜近畿編 京都府 20軒〜

    #15|遠征レストラン|東京の名料理人がわざわざ赴く店〜近畿編 京都府 20軒〜

    厳選された旬の食材から炭火で引き出す奥深い味

    祇園の路地に佇む、かつてお茶屋さんだったという建物を改装したお店。「炭火割烹」の名の通り、メニューは主に豊富に取り揃えた旬の食材の炭焼きです。例えば、表面をカリッと強めの火で香ばしく焼き上げ、中はふんわりレアな状態に仕上げた甘鯛など、炭焼きというシンプルな料理ながら独創性を感じるのが店主・山本典央さんの妙技。どんな食材であっても旨みを極限まで引き

  • NEW
    #6|料理×日本酒のマリアージュが絶妙な店

    #6|料理×日本酒のマリアージュが絶妙な店

    割烹料理の流れを汲む、本格派料理をお手ごろ価格で

    西麻布の割烹料理店「旬味 森やま」系列の日本酒バル。「西麻布らしさを外して毎日でも通える価格帯の店を作り

SPECIAL

PICK UP

NEWS

MORE

  • あの“肉の巨匠”がキッチンカーで登場! アークヒルズ「赤坂蚤の市」4月23日開催!

    あの“肉の巨匠”がキッチンカーで登場! アークヒルズ「赤坂蚤の市」4月23日開催!

  • 銀座三越でイベント「ぎんざでパンとコーヒー 2017」開催! 4月19日~25日まで!

    銀座三越でイベント「ぎんざでパンとコーヒー 2017」開催! 4月19日~25日まで!

RESTAURANT

MORE

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|メゼババ|亀戸

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|メゼババ|亀戸

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|LA CAVE|北参道

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|LA CAVE|北参道

PEOPLE

MORE

  • 【血統の一皿】いぐち 上ル -恵比寿- 大柳一さん「気分が“アガる”美食体験!」

    【血統の一皿】いぐち 上ル -恵比寿- 大柳一さん「気分が“アガる”美食体験!」

  • 【血統の一皿】キッチンさくらい -御徒町- 横田浩志さん「思わず童心に帰る洋食を、カジュアルに」

    【血統の一皿】キッチンさくらい -御徒町- 横田浩志さん「思わず童心に帰る洋食を、カジュアルに」

GIFT

MORE

  • |季節のおくりもの|カカオをダイレクトに感じるチョコスイーツ シャポンの「ムース・オ・ショコラ」

    |季節のおくりもの|カカオをダイレクトに感じるチョコスイーツ シャポンの「ムース・オ・ショコラ」

  • |季節のおくりもの|日本一小さな蒸溜所のはじまりのお酒 長濱蒸溜所の「ニューメイク」

    |季節のおくりもの|日本一小さな蒸溜所のはじまりのお酒 長濱蒸溜所の「ニューメイク」

SNS

pagetop