NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

  • 三陸の「食」の魅力を世界につなげる「Salon de La Gastronomie a SANRIKU 2018」が開催

    三陸の「食」の魅力を世界につなげる「Salon de La Gastronomie a SANRIKU 2018」が開催

    三陸の「食」の魅力を、文化的・産業的・海洋環境的にアカデミックに発信する「Salon de La Gastronomie a SANRIKU2018」が今年6月、岩手県で開催されます。 今回のテーマは「海藻」。世界三大漁場と呼ばれる三陸海岸は、ご存知の通り、牡蠣や帆立、海藻の養殖が盛んで、注目されるに値する魅力あふれる場所。さらに三陸は、「陸奥・陸中・陸前」と、地形や海流が異なり、それぞれに独自性があります。最近では、ガストロノミーのテーマとして、「海藻」がトップシェフから注目されはじめており、これをきっかけに三陸の海藻を広めたいとの狙いがあります。

  • SPECIALイベントレポート|HOT JAPAN PROJECT〜燗酒の愉しみを世界に伝えたい

    SPECIALイベントレポート|HOT JAPAN PROJECT〜燗酒の愉しみを世界に伝えたい

    温めて飲むと美味しい、世界でも珍しい酒、日本酒。日本人である私たちも、近年ではお燗にすることがめっきり少なくなってきています。その傾向は海外に渡るとより顕著で、ワイングラスに注ぎ、香りを楽しむタイプの日本酒が評価される要因になっているようです。

  • 日本の天然冷蔵庫「雪室」熟成にこだわる「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」が「アンダーズ 東京」に登場

    日本の天然冷蔵庫「雪室」熟成にこだわる「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」が「アンダーズ 東京」に登場

    ここ数年、すっかり定着してきた“熟成肉ブーム”。レストランによって、ドライエイジングやウェットエイジングなど、熟成方法が異なることをご存知でしょうか。 日本の食材を用いたヨーロッパの地方料理を提供してきた「アンダーズ 東京」のメインダイニング「アンダーズ タヴァン」が、この4月からグリルレストラン「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」としてリニューアル。同店では、日本の食材と熟成方法にこだわり、高温のオーブンで香ばしくジューシーにグリルしたお肉をはじめ、クラシカルな定番メニューを驚きに満ちた斬新なアレンジで提供しています。

  • 日本のカクテル文化を盛り上げる! 「東京カクテル7デイズ2018」開催

    日本のカクテル文化を盛り上げる! 「東京カクテル7デイズ2018」開催

    最近、バーでカクテルを飲んでいますか? バーでカクテルというと、敷居が高く感じられる方も多いかもしれません。 あまり知られていませんが、この約20年の間に、ロンドンをはじめ、ニューヨークやシンガポールなど、世界中でカクテル革命が起きています。今までの常識にとらわれず、新しい味わいを創造したカクテルが次々に広がり、カクテル業界はとても活気があるのです。 さて、意外にも日本のバー文化の歴史は古く、初めて日本でバーがオープンしたのは、1860年のこと。今でも伝統あるバーが多く残り、バーテンダーの世界大会で日本人が脚光を浴びることも多くあります。ここ数年では、外国人観光客が日本のバーを目当

  • コシノジュンコ×福島県の食と技を堪能する「東北ヒーローズ」が開催

    コシノジュンコ×福島県の食と技を堪能する「東北ヒーローズ」が開催

    「東北ヒーローズ」とは、パーク ハイアット 東京が2013年に初めて開催した、食を通して東北の魅力を伝えるスペシャルプログラム。山海の食材を支える生産者、匠の技を伝承する職人、日本酒を守り続ける醸造者の方々の熱意が詰まったこのプログラムの、今年のテーマは福島県です。

  • “もったいない魚”を美味しく! 「〇魚(まるっと)」が門前仲町にオープン

    “もったいない魚”を美味しく! 「〇魚(まるっと)」が門前仲町にオープン

    海の恵みを“まるっと”いただくことのできる居酒屋「〇魚(まるっと)」が、東京・門前仲町にオープンしました。

  • 北海道枝幸町から直送されるホタテ専門店「ホタテん家」が東京・中野にオープン

    北海道枝幸町から直送されるホタテ専門店「ホタテん家」が東京・中野にオープン

    東京初のホタテ専門店「ホタテん家(ほたてんち)」が、2018年4月1日、東京・中野にオープンしました。

  • SPECIALレポート|100年以上も続く保存食「梶賀のあぶり」

    SPECIALレポート|100年以上も続く保存食「梶賀のあぶり」

    本州の中心に位置する三重県尾鷲市の最南端の梶賀町は、昔から養殖や沿岸漁業を営む漁師の町。過疎化が進み、人口が190名足らずの小さな町に残る、貴重な保存食とは?

  • SPECIALイベントレポート|トップシェフが教える、岡山県の極上食材

    SPECIALイベントレポート|トップシェフが教える、岡山県の極上食材

    岡山県の食材というと何を思い浮かべますか。白桃? シャインマスカット? 夏のフルーツを思い浮かべる方が多いかもしれません。温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、晴れの日が多いことから、「晴れの国」と呼ばれる岡山県には、まだまだ知られていない極上の食材があります。 2月26日開催された「岡山イタリア料理講習会」では、そんな岡山県の知られざる食材を使ったトップシェフによるプロ向けの料理が紹介されました。

  • 鳥取県・大山黒牛を味わう「焼肉 強小亭GINZA」が銀座にオープン

    鳥取県・大山黒牛を味わう「焼肉 強小亭GINZA」が銀座にオープン

    鳥取県の和牛ブランド“大山黒牛(だいせんくろうし)”を堪能できる店、「焼肉 強小亭GINZA」が2018年3月26日(月)東京・銀座にてオープンします。

pagetop