NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

  • 時代を超えて愛されるフレンチレストラン「l’intemporel」が外苑前にオープン

    時代を超えて愛されるフレンチレストラン「l’intemporel」が外苑前にオープン

    2017年11月15日、外苑前に変化にとらわれないフレンチレストラン「l'intemporel(ランタンポレル)」がオープンしました。移り変わりの早い現代社会で一歩立ち止まり、時代を超えても変わらない美味しさ、美しさを料理、ワイン、店舗づくりに生かしていきたいという想いを掲げたレストランです。 オーナーの古賀崇さんは、代官山にあるフレンチの名店「Les enfants gates(レザンファン ギャテ)」や竹芝「T'SUKI sur la mer」等の出身の方。シェフの内藤和敏さんは、16歳からフランス料理の世界に入り、長野県のホテルや都内レストランで活躍した後、松本「Au Crieur

  • SPECIALイベントレポート|有楽町|「一保堂茶舗 東京丸の内店×イイホシユミコ」一保堂で器展

    SPECIALイベントレポート|有楽町|「一保堂茶舗 東京丸の内店×イイホシユミコ」一保堂で器展

    2017年12月6日(水)、京都に本店を構える日本茶の専門店「一保堂茶舗 東京丸の内店」にて、『お茶のある暮らしVol.13 イイホシユミコうつわ展』が開催されました。編集部は、茶葉の魅力をワークショップを通して体験してきました。今回は、その際のイベントレポートをご紹介します。

  • あのパリの名店、熟成肉専門ビストロ「ル・セヴェロ(le Severo)」がリニューアルオープン

    あのパリの名店、熟成肉専門ビストロ「ル・セヴェロ(le Severo)」がリニューアルオープン

    「パリでもっともおいしいステーキ店」として2016年西麻布に登場した熟成肉専門ビストロ「le Severo(ル・セヴェロ)」が、今秋リニューアルオープンしました。 外観はパリ本店のシンボルカラーと同じレッドを基調とし、内観は開放的な大きな窓と温かみある木の色調で仕上げたダイニングが広がります。また、シェフズテーブル形式の個室もオープンし、より様々なシチュエーションで利用できるようになっています。

  • 無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    無添加食材にこだわったおむすび専門カフェ「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープン

    2017年12月1日より、無添加食材にこだわったおむすび専門店「OMUSUBI CAFE」が代官山にオープンします。コンセプトは、「むすびのふる里」。ふる里のような優しい佇まいで、”手作り感”と”和”を感じることができます。そのため、おむすびだけでなくお惣菜にも一切添加物を使わず、居心地の良い店内の雰囲気作りにこだわっています。

  • 11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

    11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

    2017年11月28日、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2018」が発表されました。11年目を迎える今回は、512軒の飲食店・レストランと、42軒の宿泊施設が掲載されています。 三つ星の12軒は同じ顔ぶれ。中でも11年連続三つ星を獲得したのは4軒で、日本料理「かんだ」、フランス料理「カンテサンス」、「ジョエル・ロブション」、寿司「すきやばし 次郎 本店」でした。

  • 十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    十勝大平牛を贅沢に堪能できるクックハウス「PEKO CISE」がオープン

    2017年11月22日、大平牧場内で自家産無農薬有機肥料を使用した牧草で育てた「十勝大平牛」の赤身を、各部位「きちんと食べる」ことをテーマとしたクックハウス「PEKO CISE(ペコシセ)」が奥渋谷にオープンしました。「十勝大平牛」は、父が黒毛和種、母がホルスタインの交雑種の牛で、脂肪と赤身のバランスがよく、きめ細かい繊維と濃厚な味わいが特長です。 店名である「PEKO」と「CISE」は、アイヌ語で「牛」と「家」という意味。多くの人がテーブルを囲んで食事を楽しみながら、誰しもが心地よい場所となるようにという願いを込めて名づけられています。 また、こちらではフランス・イタリアを中心と

  • 気軽にスペイン・バスク地方の雰囲気を味わえるピンチョスバー「ENEKO Bar」がオープン

    気軽にスペイン・バスク地方の雰囲気を味わえるピンチョスバー「ENEKO Bar」がオープン

    スペインバスクの三ツ星「アスルメンディ」シェフ エネコ・アチャ・アスルメンディ監修の「ENEKO Tokyo エネコ東京」(2F)の下層階(1F)にピンチョスバー「ENEKO Bar エネコ バル」が2017年11月7日にオープンします。 海外初の「ENEKO Bar」では、バスクさながらのピンチョスを、チャコリとともにカジュアルに楽しめるバルになっています。

  • イタリア伝統菓子“チャルダ”専門店「La Cialda(ラ・チャルダ)」が自由が丘にオープン

    イタリア伝統菓子“チャルダ”専門店「La Cialda(ラ・チャルダ)」が自由が丘にオープン

    2017年10月1日、イタリア伝統菓子チャルダの専門店「La Cialda(ラ・チャルダ)」が自由が丘にオープンしました。チャルダとは、主にイタリア・トスカーナ地方に14世紀以前から伝わる、小麦粉を原料とした焼き菓子のこと。小麦粉生地を円盤型の鉄の焼き型で薄く焼き、2枚を砂糖やアーモンドを砕いたフィリングで挟んだものが今もなお伝わっています。 お店では、イタリアから仕入れたキュートなモチーフの焼き型を使って、厳選された小麦粉・バター・卵・砂糖・ミルクからできたシンプルな生地を毎日お店で作り、一枚ずつ丁寧に焼き上げて提供しています。

  • フレンチビストロ「アンドエクレ ル ビストロ」が池袋PARCOに新オープン!

    フレンチビストロ「アンドエクレ ル ビストロ」が池袋PARCOに新オープン!

    2017年10月12日、池袋PARCO本館8階にフレンチビストロ「& éclé le bistro(アンドエクレ ル ビストロ)」がオープンします。南青山のネオビストロ「& éclé(アンドエクレ)」のカジュアル版として楽しむことができるレストランです。 ガストロノミー界を索引するシェフの一人オリヴィエ ロドリゲス氏が、伝統のあるフランス料理を日本ならではのシェアスタイルでカジュアルに楽しめるフレンチを考案。クリエイティビティが光る料理はもちろんのこと、内装や接客まで、とことんあたたかさにこだわっています。

  • “RK GARDEN”の姉妹店「MK Farmers&Grill」が東京・日本橋水天宮にオープン!

    “RK GARDEN”の姉妹店「MK Farmers&Grill」が東京・日本橋水天宮にオープン!

    軽井沢で自然に囲まれた空間で、食事を楽しめると人気のレストラン「RK GARDEN」の姉妹店である「MK Farmers&Grill」が2017年9月19日より東京・日本橋水天宮にオープンしました。信州や軽井沢にある野菜や食材を直接仕入れているため、美味しさ・品質共に高いクオリティの食事が楽しめます。オーガニックで新鮮な食材を東京で味わえるのは、”RK GARDEN”のファンとしてはたまりませんね。

pagetop