NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

パリ発チョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT」が今年も開催!

毎年大人気のチョコレートの祭典が今年も!

有名ショコラティエが自慢のショコラを披露する「SALON DU CHOCOLAT」(サロン・デュ・ショコラ)は今年で14回目となる。
今年のテーマは“Expressions Cacao,Innovations Chocolat”(カカオの誘惑。ショコラの冒険)とし、個性あふれるNEWショコラブランドが続々と登場する。

その中でも、注目すべきNEWブランドを3つご紹介。

ショコラの新たな可能性を発信する若き女性ショコラティエ、シルヴィー・フォシェ氏の「スクレ ドゥ カカオ」。カカオの知識が豊富で、卓越した感覚をもつ彼女が作る、まるでケーキのような味の流れを感じさせるガナッシュは特におすすめ。

チョコレート発祥の地ともいわれるバスク地方に店を構えるオリビエ・カズナーヴ氏の「ショコラトリー ライヤ」。元リンツフランス工場の焙煎師として経験を積んだ、Been to Barに精通したショコラティエだからこそ出せる、カカオ本来の味わいを引き出す新鮮さは病みつきに。

地元スペインの素材で彩るスタイリッシュなショコラを創り出す、スペインの代表的なパティシエ、カルレス・マンペル氏の「ブボ バルセロナ」。地元スペインの伝統的な食材を取り入れたボンボンショコラは、視覚・聴覚・味覚・質感・香りなどあらゆる感覚に訴えかける。

もちろん、他ブランドも魅力的なショコラを用意しているので、どのショコラをお持ち帰りするのか悩ましいところ。すべてのブランドのショコラをお持ち帰りするショコララヴァーもでてきそう。

“Been to Bar”ブランドが集結する「SALON DU CHOCOLAT」で魅惑のショコラを堪能しよう。
※“Been to Bar”とは、原料のカカオ豆から製品のチョコレートになるまでの全ての工程を行うことを指し、これによりカカオや作り手の特徴を活かした個性的なチョコレートを作ることができる。

イベント概要〉
イベント名:SALON DU CHOCOLAT 2016
日時:2016年1月27日(水)〜1月31日(日)
時間:10時〜20時
会場:新宿NSビル地階=イベントホール東京都庁舎隣り

SALON DU CHOCOLATサロン・デュ・ショコラ

イベント

SALON DU CHOCOLAT

URL:
www.salon-du-chocolat.jp/

更新: 2016年1月14日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop