NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

11月7日、世界最高品質のコーヒーと上質フードを神保町で。ミカフェートの新店オープン!

“コーヒーハンター”で知られる川島良彰氏。エル・サルバドル国立コーヒー研究所でコーヒーの栽培技術を学んだ後に、世界中のコーヒー農園を巡り、技術指導をするとともに、新しいコーヒーを探求してきた人物で、2008年にコーヒー豆の販売とコーヒー専門店を運営する「ミカフェート」を設立。元麻布の本店を中心に高松や松本、釜山にもカフェを展開しています。

シャンパンボトルにパッケージングされ、農園、畑、樹の選別、完熟豆のみ収穫、昔ながらの精選技術、天日乾燥、ハンドソーティング、航空輸送、脱酸素定温保管、包装形態に至るまで、全工程に設けた厳格な品質基準で厳選された豆だけに称されるブランド「Grand Cru Café」でも話題になりました。まさに「コーヒーのためにできることは、すべてやる」というコンセプトを実現したコーヒーは、名店と呼ばれるレストランで採用されているだけではなく、ミカフェートのカフェ各店でも味わうことができます。

そのミカフェートの新店「Mi Cafeto Cafe&Brasserie HITOTSUBASHI(ミカフェート カフェ アンド ブラッスリー ヒトツバシ)」が神保町に11月7日にオープン。こちらはミカフェートにとって、初めてフードメニューを展開する“カフェ&ブラッセリー”。軽食中心のモーニングメニューの他、ランチにはチキンカレー 、ローストビーフ丼 、ディナーにはステーキやニース風サラダ といったメニューが並び、高品質のコーヒーだけでなく、アルコールメニューも展開。しっかりお食事ができるようなお店になっています。本の街であり、日本の古き良き文化を繋ぐ街・神保町、しかも小学館ビルの1階という立地で、“コーヒーと日常、コーヒーと文化を結び、より豊かに愉しむ”というコンセプトを掲げ、ミカフェートの新たな文化発信地を目指すそう。

「さぼうる」、「ミロンガ・ヌオーバ」、「ラドリオ」といったレトロな喫茶店のメッカであり、昨年の4月にはコーヒースタンド「グリッチコーヒー&ロースターズ」が進出するなど、様々なスタイルでコーヒーが楽しめる状況ができあがっている神保町。新しいコーヒースポットとして、賑わいを見せそう。

Mi Cafeto Cafe&Brasserie HITOTSUBASHIミカフェート カフェアンドブラッスリー ヒトツバシ

Mi Cafeto Cafe&Brasserie HITOTSUBASHI

住所:
東京都千代田区一ツ橋2-3-1
小学館ビル1F
TEL:
03-6261-5434
営業時間:
8:00~21:30、土10:00~19:30
定休日:
日曜日、祝日
URL:
https://www.mi-cafeto.com/

更新: 2016年10月25日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop