NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

子どもの味覚力アップを目指す「miikuキッズ夏休みスペシャル」が開催

「おいしさ」の食べ比べや、体験を増やすことで、子どもたちの“おいしさの幅”を広げながら味覚力アップを目指している、日本味育協会。近年話題になっている“食育”を、多くの講座やイベントを通して伝えています。

フレンチシェフ 高良康之氏 / 菜園料理家 藤田承紀氏

そんな日本味育協会が、8月5日に「miikuキッズ夏休みスペシャル」を開催。日本を代表する老舗グランメゾン「銀座レカン」の6代目シェフを務めた高良康之氏と、育メンでもある菜園料理家の藤田承紀氏がコラボレーションします。手打ちパスタやシェフ特製の肉や野菜の料理を通して、作る楽しさと食べる楽しさを学べるスペシャルプログラムです。

付き添いの保護者向けにも「味覚講座&食の相談会」を開催、大人も一緒に味覚力アップが期待できそうです。

日本味育協会 宮川順子代表

「9~10歳頃までは、味のキャパシティを広げる大事な時期です。この時期に経験した風味は、『楽しい!』や『カッコイイ!』などの感情とともに“味覚のデータベース”に入り、一生を左右します。夏休みの1日に、一流シェフのそばで作る楽しさとともに貴重な味の体験をしてほしいですね」と、日本味育協会の宮川順子代表。

夏休みの自由研究にもオススメの「miikuキッズ夏休みスペシャル」。子どもと一緒に参加してみてはいかがでしょうか。

miikuキッズ夏休みスペシャル

主催:
一般社団法人日本味育協会 http://miiku.jp/
日時:
8月5日(日)10時30分~13時30分(受付:10時15分~)
URL:
https://www.patia.tokyo/koujimachi/access

更新: 2018年6月25日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop