NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

三陸の「食」の魅力を世界につなげる「Salon de La Gastronomie a SANRIKU 2018」が開催

三陸の「食」の魅力を、文化的・産業的・海洋環境的にアカデミックに発信する「Salon de La Gastronomie a SANRIKU2018」が今年6月、岩手県で開催されます。

今回のテーマは「海藻」。世界三大漁場と呼ばれる三陸海岸は、ご存知の通り、牡蠣や帆立、海藻の養殖が盛んで、注目されるに値する魅力あふれる場所。さらに三陸は、「陸奥・陸中・陸前」と、地形や海流が異なり、それぞれに独自性があります。最近では、ガストロノミーのテーマとして、「海藻」がトップシェフから注目されはじめており、これをきっかけに三陸の海藻を広めたいとの狙いがあります。

メインイベントは、6月10日・11日に行われる「Gastronomie 三陸 by 食でつながろういわてPJT」。三陸の「海藻」をテーマに、フォーラムでの講義やディナーを楽しみながら、三陸の「食」について学びます。講義の内容は、三陸の地理的・歴史的・文化的な背景から、レストランや生産の現場まで、多岐にわたります。

400

気になるディナーメニューは、参加シェフがそれぞれの皿を担当し、フレンチのコースを構成します。共通テーマはもちろん「海藻」。パリから参加する「Botanique Restaurant」の山口杉朗シェフは、短角牛+海藻+牡蠣をテーマにメインを担当します。また、スペイン・ガリシア地方のサンチアゴコンポステッラにレストランをかまえる、ルシア・フレイスタシェフがかつてここを訪れた際に作った三陸の牡蠣をテーマにした一皿も、“友情出演”するのだそう。

世界のトップシェフに三陸に興味を抱いてほしい、という想いから始まった「Salon de La Gastronomie a SANRIKU2018」、今後の活動にも注目です。

■参加シェフ:(敬称略)

山口杉朗「レストラン ボタニック」(パリ)

武田健志「元リベルテ ア ターブル ド タケダ」(東京)

伊藤勝康「ロレオール田野畑」(田野畑村)

福士雅巳「ウサギ ボタニカ」(盛岡市)

鹿澤靖幸「リストランテ シカザワ」(盛岡市)

中村昌「ヌッフ デュ パプ」(盛岡市)

和賀靖公「日本料理 新茶家」(奥州市)

駒場利行「ろかーれ あーしゃ」(盛岡市)

今村正輝「四季菜食 いまむら」(石巻市)

渡邊篤史「イゾラ」(石巻市)

Salon de La Gastronomie a SANRIKU 2018

主催:
いわて 食でつながろうプロジェクト/岩手県
連絡先:
iwate.syoku.tunagaro@gmail.com (事務局・菊池)
URL:
https://www.facebook.com/pg/syoku.iwate/events/?ref=page_internal

更新: 2018年5月21日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop