NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

あのパリの名店、熟成肉専門ビストロ「ル・セヴェロ(le Severo)」がリニューアルオープン

2階 ダイニング

「パリでもっともおいしいステーキ店」として2016年西麻布に登場した熟成肉専門ビストロ「le Severo(ル・セヴェロ)」が、今秋リニューアルオープンしました。

外観はパリ本店のシンボルカラーと同じレッドを基調とし、内観は開放的な大きな窓と温かみある木の色調で仕上げたダイニングが広がります。また、シェフズテーブル形式の個室もオープンし、より様々なシチュエーションで利用できるようになっています。

エグゼクティブシェフには、渡仏11年のキャリアで4年以上「le Severo Paris」に在籍した齊田武氏が就任。創業30年を迎えた「le Severo Paris」の長年かけて培った熟成技術が東京で振舞われます。

齊田武氏は、本場フランスにある数々の名店で修行。世界トップクラスの肉屋「ユーゴ・デノワイエ」にて熟成肉の見極め方、調理技術を習得し、二ツ星「アラン・サンドランス」を経て2015年に帰国、恵比寿「ユーゴ・デノワイエ」立ち上げの料理長に就任された名シェフです。

 

 

タルタルステーキ 150g 3,500円(税抜)

新メニューには、フランスFigaro誌2014年度のタルタル部門2位に選ばれた、スペシャリテ「タルタルステーキ」が登場。熟成赤身肉を注文ごとに店内でミンチし、ケイパー、エシャロット、卵黄などでシンプルに熟成赤身肉の旨みを堪能することができる一品です。フランスではスタミナをつけたい時に食べるエナジーメニューなのだとか。

また、その他にも、鎌倉野菜のローストや熟成肉の食べ比べなど、いちから食材にこだわってつくられたメニューが豊富にそろっています。食べ比べでは「熟成肉ランプの食べ比べコース(オードブル1皿、フランス産ブランド牛&国産牛ランプの盛合せ、コーヒーor紅茶)」と「熟成肉サーロインの食べ比べコース(オードブル1皿、フランス産ブランド牛&国産牛サーロインの盛合せ、コーヒーor紅茶)を用意。

星付きシェフなどプロを含め、世界中の肉好きが集うパリのビストロ「le Severo」のエスプリと日本の風土が融合する新生le Severoにぜひ訪れてみてください。

le Severoル・セヴェロ

le Severo

住所:
東京都港区西麻布4-2-15
水野ビル1.2階
TEL:
03-6452-6462
営業時間:
ランチ12:00~15:00(L.O.14:000)、ディナー18:00~23:30(L.O.22:00)

更新: 2017年12月13日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop