NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

11年連続三つ星は4軒!「ミシュランガイド東京2018」発表

©MICHELIN

2017年11月28日、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2018」が発表されました。11年目を迎える今回は、512軒の飲食店・レストランと、42軒の宿泊施設が掲載されています。

三つ星の12軒は同じ顔ぶれ。中でも11年連続三つ星を獲得したのは4軒で、日本料理「かんだ」、フランス料理「カンテサンス」、「ジョエル・ロブション」、寿司「すきやばし 次郎 本店」でした。

©MICHELIN

今回のミシュランガイド東京2018では、技術レベルが高く、流行の変化が速い東京という土地柄を反映して、日本料理「銀座 しのはら」やフランス料理「クローニー」など新たに82軒が追加となっています。そのうち23軒に星がつき、59軒がビブグルマンとして掲載されています。また、5軒は昨年より高い評価になっています。

また、宿泊施設についての情報がより分かりやすい記載になり、宿泊施設のページにも、その施設内にあり、星やビブグルマンとなった飲食店・レストランを紹介しています。

©MICHELIN

ミシュランガイド総責任者のマイケル・エリスは以下のように述べています。

「寿司、フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、天ぷら、居酒屋など、東京の食の魅力は計り知れません。このバラエティ豊かな食のセレクションこそ、ミシュランガイドの星の数で世界一を誇るガストロノミー都市・東京を象徴しています。ビブグルマンではなく、一つ星でラーメン店が掲載されているのも東京ならではの魅力と言えるでしょう。東京の食の限りない可能性は、この地の卓越した料理人や食を楽しむすべての皆様に支えられています。東京は、これからも刺激的な食体験を提供してくれると確信しています。」

2017年12月1日から発売の「ミシュランガイド東京2018」、ぜひ手にとってみてください。

更新: 2017年12月1日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop