NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

気軽にスペイン・バスク地方の雰囲気を味わえるピンチョスバー「ENEKO Bar」がオープン

スペインバスクの三ツ星「アスルメンディ」シェフ エネコ・アチャ・アスルメンディ監修の「ENEKO Tokyo エネコ東京」(2F)の下層階(1F)にピンチョスバー「ENEKO Bar エネコ バル」が2017年11月7日にオープンします。

海外初の「ENEKO Bar」では、バスクさながらのピンチョスを、チャコリとともにカジュアルに楽しめるバルになっています。

「ENEKO Bar」では、エネコ・アチャ氏がサンセバスチャンをイメージした「卵の天ぷら トリュフの香り」や「ムール貝のブラッディマリー」、「エリンギ きのこのエマルション」など約15種のピンチョスやタパスがカウンターに並びます。

また、バスクを代表するチャコリやカヴァなど多数そろえており、中でもエネコ・アチャ氏の従兄弟がつくる希少なチャコリ「ゴルガ・イザギーレ(800円)」はピンチョスとのペアリングにおすすめです。

東京にいながらにしてバスクを強く感じることができる場所へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ENEKO Barエネコ バル

ENEKO Bar

住所:
東京都港区西麻布3-16-28
TOKI-ON 西麻布
TEL:
03-3475-4122
営業時間:
17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:
要問合せ
URL:
http://eneko.tokyo

更新: 2017年11月16日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop