NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

無農薬でヘルシーな野菜とハーブのジェラートを提供する「Vegelato」がオープン

2017年8月21日に外苑前に無農薬の野菜とハーブを使用したジェラート屋さん「Vegelato」がオープンしました。

夫婦2人で経営されているこちらのお店は、元々中野でイタリアンレストランをやられていたのだとか。そのイタリアンレストラン時代からお付き合いのある無農薬の野菜とハーブの農園から食材を仕入れ、ジェラート作りをされています。野菜は千葉県の印西市の「柴海農園」さん、ハーブは青森県の上北郡六戸町の「大西ハーブ農園」さんとのこと。

早速ジェラートのフレーバーを見てみると、「玉葱とレモングラス」や「水菜とレモンオイル」、「豊水梨とキル酒」など、どれもめずらしいラインナップばかり。季節野菜を使用して作っているので、新しい野菜やハーブが届く度フレーバーも変化していきます。

一方で、定番メニューには「キャラメルマキアート」と「ラムレーズン」を用意しており、こちらも人気があります。

今回編集部が注文したのは「シャドークイーンとタイム」&「バターナッツ南瓜とローズマリー」。

「シャドークイーンとタイム」は、紫色のじゃがいもをせいろで蒸してタイム風味に仕上げたジェラート。そして「バターナッツ南瓜とローズマリー」は、ひょうたん型のかぼちゃとバター、きび砂糖をまぜてオーブン焼きにしてからローズマリー風味に仕上げたジェラートです。

最後の仕上げのトッピングには、ビオラや南瓜とシャドークイーンのチップス、ローズマリー、イタリアンパセリなどをのせて華やかに。お花もすべて食べることができます。

フレーバーごとにトッピングを変えているそうなので、これは色々な味を試してみたいところ。

実際にいただくと、野菜の味が強いのかと思いきや、野菜の甘さを生かしたテイストになっており絶品。また、しっかりハーブの香りも口の中で広がっていきます。

その他にも、シチリアの郷土菓子や、「ブリオッシュコンジェラート」という、冷たいジェラートを熱々のブリオッシュに挟んで食べるメニューもありました。これからの寒い季節、熱々パンとジェラートの組み合わせもたまりません...!

ぜひ一度足を運んでみてください。

Vegelatoヴェジェラート

Vegelato

住所:
東京都渋谷区神宮前3-1-24
ソフトタウン青山107

更新: 2017年11月2日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop