NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

田町のイタリアンの名店「ラ・チャウ」が芝浦の複合施設に3店舗オープン!

イタリア・ピエモンテ州のミシュラン一つ星店「La ciau del Tornavento(ラ・チャウ・デル・トルナヴェント)」で4年半修業した馬渡剛さんがオーナーシェフを務める「La ciau(ラ・チャウ)」。田町からほど近く、飲食店の少ない芝浦エリアにあって、ひときわ異彩を放つイタリアンの名店です。

その「La ciau(ラ・チャウ)」が新しい業態のお店をオープンするとのこと。しかも3店舗! どのようなお店になるかというと、本店よりももっと気軽に、2号店「Vineria La Ciau(ヴィネリア ラ チャウ)」とはまた違った形でふらりと一杯でも楽しめる、使い勝手の良いお店のようなのです。

新店の場所は同じく芝浦エリアにできたアパートメント、スモールオフィス、店舗が併設された複合施設「THE HARBOUR SHIBAURA(ザ ハーバー シバウラ)」。築40年以上のビルをリノベーションし、2020年にJR山手線新駅が開業することで、ますます活気が出るこのエリアにおいて、人と街とのハブになることを目的として作られた施設です。

気になる3つの店舗とは。ひとつは“一晩でイタリアを食べ歩く”トラットリア「ABBRACCIO(アブラッチョ)」。本店の「La ciau(ラ・チャウ)」はピエモンテ州の料理が中心ですが、こちらは地域にこだわらずイタリア各州の料理を提供。コンセプト通り一晩でイタリア一周できてしまうような、それぞれの郷土性を表現した一皿がいただけます。そして、もうひとつは本場仕込みのパニーノとカプチーノの専門店「UNCLE PANINO(アンクル パニーノ)」。「La ciau(ラ・チャウ)」の馬渡剛さんがまかないで長年作り続けてきたパニーニの美味しさをみなさんにシェア。そして17:00以降「UNCLE PANINO(アンクル パニーノ)」がバーとして姿を変える、食前酒バール「APE TOKYO(アぺ・トーキョー)」。

例えば、ランチなら「UNCLE PANINO(アンクル パニーノ)」で軽くパニーニ―を。休日のブランチや気の置けない仲間とのディナーを「ABBRACCIO(アブラッチョ)」で。待ち合わせの前や仕事終わりにちょっと飲みたい時は「APE TOKYO(アぺ・トーキョー)」と、気分やシチュエーションに合せて使い分けができるというわけ。このお店があることで芝浦エリアの株がぐっと上がる、そんな魅力を持った3店舗なのです。

近代的なビルと、年季の入った建物、運河の雰囲気と散歩するにもなかなか見どころの多い芝浦エリア。街歩きついでに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ABBRACCIOアブラッチョ

ABBRACCIO

住所:
東京都港区芝浦4-5-9
THE HARBOUR SHIBAURA 1F
TEL:
03-6453-9588
営業時間:
11:30〜14:30LO、18:00〜22:00LO
提供日:
月曜日
URL:
https://www.facebook.com/Abbraccio-Uncle-panino-Ape-Tokyo-771950622974106/?ref=br_rs

更新: 2017年6月27日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop