NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

東京の街がビールで賑わう! 100以上のイベントが実施される「東京ビアウィーク 2017」5月27日からスタート!

ビールに強いこだわりを持ったお店が増え、ビール専門店でなくても、多彩なビールが楽しめるようになってきた東京。ここ最近は小規模な醸造設備を備えオリジナルビールを造って、その場で飲めるようないわゆるブルーパブも増えてきました。そんなクラフトビールの盛り上がりもあり、どんどん面白くなっていく東京のビール事情ですが、その大きな潮流を肌で感じられるのが5月27日土曜日からスタートする「東京ビアウィーク 2017」です。

今年で4年目となる「東京ビアウィーク」。東京のビアパブを始め、飲食店と全国のビールメーカーやインポーター、さらにビールを愛する団体が集結し、都内及び近郊都市の至る所で同時多発的に様々なイベントを打ち上げるというもの。6月11日日曜日の16日間に渡って100以上のイベントが開催されます。

その内容はと言うと、例えば6月3日にはアメリカのクラフトビール片手に東京湾をクルージングできる「アメリカンビアクルーズ 2017」。ミュージシャンであり『孤独のグルメ』でもお馴染みの久住昌之さんが、舞浜のクラフトビール「ハーヴェスト・ムーン」の醸造長、園田智子さんを迎えてのトークやライヴをビールをいただきながら楽しめる「久住昌之さんと“旨しビール”で乾杯! 3杯目」。世界で人気の醸造酒「ビール・ワイン・日本酒」をチーズと合わせについて、世界最優秀フロマジェのデグレ.ファビアンさんと、ジャパンビアソムリエ協会代表の山上昌弘さんが、白熱したプレゼンを繰り広げる「チーズ&醸造酒のマリアージュ対決」。硬派なところでは、日本酒を造る酒蔵でありビール造りもしている、「常陸野ネスト」でお馴染み木内酒造取締役の木内敏之さんと、世界的に評価を得ている日本酒「紀土」の酒蔵であり「平和クラフト」ブランドでビールを造る平和酒造株式会社代表取締役専務の山本典正氏さん2人のトークセッション「“醸造家という働き方”〜日本酒の蔵でビールを造るということ〜」などなど。バラエティ豊かなイベントが開催されるのです。

さらに初日となる5月27日には表参道の「Commune 2nd」と「Farmer's Market at UNU」の2会場連動でキックオフイベントを開催! 「Commune 2nd」ではキックオフパーティ、各種トークセッション(先述の木内酒造✕平和酒造のトークセッションなど)、ライブといったコンテンツをご用意。「青山ファーマーズマーケット」では協賛社ビールを集結してのビアマーケットを展開します。入場無料なのでさくっと美味しいビールをいただくという参加の仕方もOK。

各イベントの詳細は「東京ビアウィーク 2017」のホームページに詳細が記載されていますし、続々と新しいイベント情報も更新されていくので、ぜひチェックを! 規模も拡大しますます盛り上がりをみせる「東京ビアウィーク」ですが、まずは5月27日のキックオフイベントで乾杯といきましょう!

東京ビアウィーク2017

東京ビアウィーク2017

日程:
2017年5月27日(土)〜6月11日(日)
内容:
上記「東京ビアウィーク」期間中、東京および近郊都市の店舗・地域などでビールに関するイベントが続々開催されます。
主催:
東京ビアウィーク実行委員会
URL:
http://beerweek.jp/2017/

更新: 2017年5月18日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop