NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

お台場に17都道府県46ワイナリー が集結! 4月15日・16日「日本ワインMATSURI祭」開催

今回で3回目を迎える「日本ワインMATSURI祭」。豊洲から「お台場 シンボルプロムナード公園」に場所を移して、4月15日(土)と16日(日)に開催されます。北は北海道から南は九州の大分県まで17都道府県46ワイナリーが参加。国際的なワインコンクールで受賞歴のあるワイナリーや、新しく解説されたワイナリーまでバラエティー豊かなラインナップ。日本固有種の「甲州」と「マスカット・ベリーA」はワイン用ブドウ品種として国際ブドウ・ワイン機構(OIV)により登録認定されるなど、世界的に評価が高まっている日本ワインが一堂に集まって、飲み比べできるイベントです。ちなみに、日本ワインとは100%国産のブドウを使って、国内で醸造されたワインのこと。輸入されたブドウや濃縮果汁を使った国産ワインとは分けて呼ばれています。

数あるワイナリーの中でも、注目したいのはここ数年で開業した新規のワイナリーの出店。2016年8月に水戸市内の商店街にスタートした新しいワイナリー「Domaine MITO(ドメーヌ・ミト)」、同じく2016年6月に門前仲町にオープンした東京で3番目のワイナリー「深川ワイナリー」といった都市型ワイナリー。リンゴ農家の高橋さんとぶどう農家の大和田さんの2人で2017年に立ち上げた岩手県「亀ヶ森醸造所」や、カーブドッチを中心に個性的な造り手が集まる“新潟ワインコースト”に2015年にオープンした「ル・サンク・ワイナリー」といった面々が参加を予定しています。もちろん高い人気を誇る山形県「月山トラヤワイナリー」、栃木県「ココ・ファーム・ワイナリー」、新潟県「カーブドッチワイナリー」、山梨県の「ルミエール」、「ドメーヌ・ヒデ」、大分県「安心院葡萄酒工房」といったワイナリーも自慢のワインを携えて参加。

参加方法はまず受付で200円の専用グラスを購入し、出展しているワイナリーを巡りながら、1杯300円~でいただけます。入場無料で、会場内にはフードを販売するキッチンカーも出店し、日本ワインのことが知れるセミナーやワインの人気投票も行われ、まさに“祭り”の様相。春の陽気の中で、美味しいワインをいただきながら、お気に入りの1本を見つけましょう!

日本ワインMATSURI祭

会場:お台場 シンボルプロムナード公園

日本ワインMATSURI祭

住所:
東京都江東区青海1-3
お台場 シンボルプロムナード公園
日程:
2017年4月15日(土),、16日(日)
時間:
11:00-19:00 (18:30LO)
主催:
日本ワイナリー協会
URL:
http://nihonwine.tokyo/

更新: 2017年3月30日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop