NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

4月2日「四川フェス」が中野で開催! 四川料理の名店が続々出店!

中国料理と一口に言っても、その国土の広さから多種多様。大きくは山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理と八大菜系に分類されます。なかでも、“四川料理の父”と称される陳建民氏の功績により日本の家庭の食卓においても麻婆豆腐、回鍋肉、青椒肉絲、といった四川料理が広まっており、中華料理と聞いて思い浮かべるメニューの多くは四川料理の系譜を引いていると言えるのではないでしょうか?

「赤坂四川飯店」の名物「陳麻婆豆腐」

そんな、みんな大好き四川料理を愛する人々が集まるフェスが中野セントラルパークで4月2日(日)に開催されます。“四川料理を愛する人々”とは、食べる人はもちろん、料理人、食材や調味料メーカーなどなど、辛くて痺れて美味しい四川料理が好きな人ならだれでも! 有名店の出店で賑わい、なかなかスーパーなどでは出合えない食材が売っていたり、四川好きで賑わう大規模なイベントが初開催されるのです。主催は「四川フェス inなかのアンテナストリート実行委員会」で麻辣連盟なる消費者団体が中心になっています。四川料理を愛する人々と、全国の料理人たちをつなげることをミッションに、四川料理の情報発信源となるサイト「おいしい四川」の運営メンバーが主体となって創設された団体で、総裁の中川正道氏は著書『涙を流し口から火をふく、四川料理の旅』を執筆した、WEBデザイナーでありグルメライター。当日は四川料理の出店以外にも、四川省伝統芸能「変面」などの舞台コンテンツや、ANAで行く四川省成都への直行便・エコノミークラスチケットをプレゼントする抽選会も行う予定。

「赤坂四川飯店」の陳建太郎シェフ

会場では数々の屋台が並ぶのですが、その出店者の面々がすごいのです。先述の陳建民氏が創業し、「料理の鉄人」として人気を博した陳健一氏、その息子の陳建太郎氏と3代にわたって受け継がれてきた老舗四川料理店「赤坂四川飯店」が名物の「陳麻婆豆腐」を提供。単身で中国にわたり上海、四川と本場の食文化を学び2005年に独立した麻布十番「中國菜 老四川 飄香(ピャオシャン)」からは「牛肉焦餅(牛肉餡入り焼きパン)」や「粉蒸牛肉(蒸し牛肉)」。伝統的な四川料理を再構築したアイデア溢れる料理で人気の田村亮介シェフが営む「麻布長江 香福筵」からは「口水鶏(よだれ鶏)」や「干し肉と白菜、春雨の煮込み」の提供に加え、干し豚肉などの物販メニューも。日本らしい四季を感じる中国料理“江戸中華”を謳う「銀座 やまの辺」は牛肉串に豚肉串。さらに西荻窪「仙ノ孫」、水道橋「中国菜館 志苑」、国分寺「“深”中国的酒場 孔明の罠」、西新宿「天府舫」、横浜「華美」といった人気店がズラリ。

麻布十番「中國菜 老四川 飄香(ピャオシャン)」の井桁良樹シェフと「粉蒸牛肉(蒸し牛肉)」

「麻布長江 香福筵」の田村亮介シェフと「口水鶏(よだれ鶏)」

「麻布長江 香福筵」の「干し肉と白菜、春雨の煮込み」

そして中華好きの間ですでに噂になっている期待の新規オープンのお店も2店が登場。ひとつは、神楽坂に4月中旬オープン予定の「jiubar(ジュウバー)」。表参道、赤坂、軽井沢に店舗を持ち、野菜たっぷり担々麺でお馴染みの「希須林」の新店で、中国語の酒吧(バー)からネーミングした中国料理とクラフトビールなど美味しいお酒がいただけるバーなのです。四川フェスの当日は「肉団子(魚香風味)」を提供する予定。もうひとつは、「黒猫夜 銀座店」で料理長として腕を振るった水岡孝和シェフの「南三(ミナミ)」。自らの足で巡り、その土地の食文化を体験してきた台南・湖南・雲南の3つの地方をテーマに絶賛開店準備中で、汁なし火鍋「干鍋(ガングオ)」と「ウイグルソーセージ」を提供予定。

四川フェスのコンセプトは「東京を赤く染める! 麻辣革命をおこそう!」。この言葉通りに革命が起きるかのような賑わいが期待できそうな、豪華なお店のラインナップ。当日は辛くて美味く痺れる四川料理を満喫しましょう!

四川フェスinなかのアンテナストリートシセンフェス イン ナカノアンテナストリート

四川フェスinなかのアンテナストリート

住所:
東京都中野区中野4-10
会場:
中野セントラルパーク(なかのアンテナストリート)
Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1704123133235074/
日時:
2017年4月2日(日)10:00~18:00
URL:
http://meiweisichuan.jp/sisen-fes

更新: 2017年3月23日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop