NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

期間限定、六本木ヒルズ限定! 春らしい17のサンドウィッチが3月17日から続々登場!

2016年11月に六本木ヒルズにサンドウィッチ専門店「King George(キングジョージ)」がオープンしました。その名前からもわかるように代官山「キングジョージ」の2号店で、相変わらず野菜たっぷり、ボリュームたっぷり、断面の美しいサンドウィッチがいただけます。そんな六本木ヒルズで3月17日(金)~4月23日(日)まで「春を奏でるサンドウィッチ」と称して、17のレストラン・カフェが期間限定で特別なサンドウィッチを提供するフェアが開催されます。どのサンドウィッチも六本木ヒルズでしか食べられない1品。例えば前述の「キングジョージ」なら、チキン、カッテージチーズ、ウォールナッツに酸味のあるリンゴとマスカットのサンドと、ルッコラ、アボカドにパストラミターキーのサンドの2種が期間限定で登場。

ハンバーガーショップ「AS CLASSICS DINER(エーエス クラシックス ダイナー)」からは定番メニューのコブサラダに春野菜をミックスした、自家製マヨネーズが美味しい「スプリング“コブサラダ”サンドウィッチ」が。こちらのお店のもうひとつの主役でもある揚げたてのポテトフライも添えられて食べごたえ抜群です。

さらに、パリのビストロさながらの本格カジュアルフレンチがいただける「BRASSERIE LE DUC(ブラッセリー ル デュック)」からは、桜海老を衣にまとった鰆のフライをサンドした「鰆と桜海老とクレソンのサンドウィッチ」。チリとパプリカパウダーのスパイシーなトマトフォンデュ入りのタルタルソースとクレソンの苦みが口の中で広がる、ビストロならではのサンドウィッチです。

そしてお花見に持っていきたいロールサンドもラインナップ。「eggcellent(エッグセレント)」は毎朝直送されるオーガニック卵で造るとろーり半熟卵がフォトジェニックな「卵づくしのプロテインブリトー」。スクランブルエッグ、ホワイトスクランブルエッグ、タマゴサラダにトマト、チキン、ブロッコリーが詰まった1品。そしてお野菜カフェ「Mr.FARMER Roppongi(ミスターファーマー 六本木)」のロールサンドは紅芯大根の桜がかわいらしい、スーパーフードであるキヌアも入った「『SAKURA』咲くラップロール」。

デザートにもサンドが登場します。こちらはシュークリームショップ「Crème de la Crème(クレーム デ ラ クレーム)」が提案する「フレッシュフルーツとカスタードのシューミルフィーユ」。京都丹波産の瑞穂たまごを使用したカスタードとフレッシュフルーツを薄く焼き上げたシュー生地でサンドしたもので、2~3名でいただける大きさ。

今回はイートインだけではなく、テイクアウト可能なメニューも多いのが特徴で、お花見シーズンのお供にもぴったり。六本木ヒルズには毛利庭園や六本木さくら坂などの桜の名所もあり、夜にはライトアップもされるので、美しい桜を眺めながら、美味しいサンドウィッチを頬張るのも良し。この春だけの期間限定なので、ぜひ六本木ヒルズにお出かけしましょう!

春を奏でるサンドウィッチハルヲカナデルサンドウィッチ

春を奏でるサンドウィッチ

住所:
東京都港区六本木6丁目10−1
六本木ヒルズ
期間:
3月17日(金)~4月23日(日)
参加店舗:
エーエス クラシックス ダイナー、エッグセレント、エル カフェ、オーク ドア、オービカ モッツァレラバー、カフェクレープ、キングジョージ、グリーンアジア、クレーム デ ラ クレーム、中国料理 ゴールデンタイガー、鉄板焼 開化屋、フィンランドキッチン タロ、ブラッセリー ル デュック、ミスターファーマー 六本木、毛利 サルヴァトーレ クオモ、モロコバー、ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション
URL:
http://www.roppongihills.com/sp/harusand_2017/

更新: 2017年3月16日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop