NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

カルチャー視点で日本酒の魅力を探る。「I ♥LOVE SAKE 日本酒マニアック博」2月10日から池袋パルコで開催!

2015年に梅田ロフトで開催された「日本酒マニアック博Ⅰ」。日本酒を“マニアック”な視点でとらえ、デザイン、アート、ポップカルチャーといった切り口から豪華クリエイター陣を巻き込んで開催され、大盛況となったわけですが東京に住む日本酒好き、カルチャー好きな人々は大いに嫉妬したものです。そして2016年に第二回を開催。「ぜひ東京でも!」という声に応えて、巡回展として「日本酒マニアック博Ⅱ in 東京」と銘打ち、池袋パルコ7階にある「パルコミュージアム」で開催されることになったのです。

そのコンテンツはというと、まずは「ワンカップ」でおなじみの酒造メーカー「大関株式会社」とのコラボレーションで、多彩な分野のクリエイターによって創作されたイラストレーションやデザインによる展覧会限定のクリエイティブな「デザイン・ワンカップ」の展示・販売。大阪会場からの参加クリエイター17 名に東京会場からは新たに13 名が加わり、赤塚不二夫、しりあがり寿、安野モヨコなど総勢30 名のクリエイターによる、この会場でしか見られないワンカップ作品が並びます。本ページのトップ画像でご紹介している3つは、左から、楳図かずお氏、Noritake氏、蛭子能収氏によるもの。そして、日本酒トリビア、日本酒と文化人・著名人のエピソード等を紹介する「Sake Pedia (酒ペディア)」では、どーでもいいけど、グッとくる日本酒の情報を絶妙なタッチの挿絵と共に面白おかしく展示されています。

©Moyoco Anno / Cork ,©しりあがり寿

そして、エッセイストであり、酒ジャーナリストの葉石かおりさんがマニアックな視点でキュレーションした銘柄を展示する「踊る大マニアック銘柄展」。葉石さん独自の切り口で蔵元たちの解説を充実させた編集と、銘柄の特徴やこだわりを際立たせる演出で、様々な日本酒をご紹介します。さらに、松本零士氏をはじめ著名イラストレーターらによる日本酒キャラクター化プロジェクト「日本酒ものがたり( にっぽんさけものがたり) 」とのタイアップによるキャラクター作品と設定銘柄を展示。現在の日本酒ブームを牽引する全国のイケメン蔵元を“酒漢”としてのダンディズムを写真で収めたグラビア写真展「SAKE 漢グラビア写真展」。「一升瓶」と「女子」との組み合わせがグッとくる「きらめく一升瓶女子写真展」では、写真家の藤代冥砂氏がtricotのボーカル&ギター中嶋イッキュウ、モデル信太美月、女優芦那すみれといった美女たちを撮りおろしたグラビア写真を展示。

平孝酒造(日高見)/平井孝治氏<撮影:佐藤哲郎>、中嶋イッキュウ(tricot/ボーカル&ギター)<撮影/藤代冥砂>

これまで様々な日本酒をテーマにした展示やイベントが開催されてきましたが、かつてない切り口で日本酒の新たな魅力を発見することができるのです。きっと、日本酒がもっと身近に感じられる「I ♥LOVE SAKE 日本酒マニアック博」。日本酒好きならずとも、カルチャー好きのみなさんにぜひ訪れていただきたいイベントです。

I♥LOVE SAKE 日本酒マニアック博 in 東京アイ ラブ サケ ニホンシュマニアックハク イン トーキョー

会場:パルコミュージアム (池袋パルコ 本館 7F) 日程:2017年2月10 日 (金)~3月5日(日) ※2 月15 日は休館。 

I♥LOVE SAKE 日本酒マニアック博 in 東京

住所:
東京都豊島区南池袋 1-28-2
TEL:
03-5391-8686
入場料:
一般500 円、学生400円、小学生以下無料 ※有料入場の方には、日本酒または甘酒のちょこっと試飲付き ※日本酒の試飲をご希望の方は顔写真付き身分証明書をご持参ください。未成年の方、泥酔されている方、 自動車や自転車を運転される方、顔写真付き身分証明書をお持ちでない方は日本酒を試飲いただけません。
時間:
10:00~21:00 ※最終日は18:00閉場。※入場は閉場の30分前まで
URL:
http://www.parco-art.com

更新: 2017年2月7日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop