NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

ブルワーが決める、今一番美味しいビールが飲める!? 横浜大さん橋でイベント「ジャパンブルワーズカップ2017」開催

国内の醸造所や都内でもブルーパブが増え、海外からも様々なビールが入ってきて、いま東京のビール事情はとても充実しています。その反面、種類が豊富すぎて、どれが本当に美味しいビールなのかわからないという声も。そこで鑑評会での受賞歴がひとつの指針になるわけですが、その鑑評会自体もたくさんあって、どれを選んでいいのやら・・・。いわゆる世界五大審査会という権威あるコンペティションをご紹介しておくと、「The International Brewing Awards(IBA、インターナショナル ブルーイング アワード)」、「World Beer Cup(WBC、ワールド ビア カップ)」、「Australian international Beer Awards(AIBA、オーストラリアン インターナショナル ビア アワード)」、「European Beer Star(EBS、ヨーロピアン ビア スター)」、「The International Beer Cup(IBC、インターナショナル・ビアカップ)」があり、日本のブルワーも出品し、数々のビールが表彰され、日本のビールが世界的にも評価されていることが裏付けられました。

そんな中で、他のコンペティションとは少し違った鑑評会が2013年から始まりました。それが「JAPAN BREWERS CUP(ジャパン ブルワーズ カップ)」。今年は1月27日から3日間、横浜大さん橋で開催され、各日審査の後は一般参加者が美味しいビールを飲み比べできるビアフェスティバルが行われるのです。鑑評会で審査するのは自らビールを醸造するブルワーたち。ブラインド審査で“ブルワー目線で“そのビールが技術的に優れていて、且つJAPAN BREWERS CUPとして表彰するに値するか”を基準に審査されます。「アロマ」「ボディ」「フレーバー」「ドリンカビリティ」といったビールの味わいを構成する要素を踏まえつつ、造り手にしか解らないような細かい部分も評価される、職人が認める本当に美味しいビールが決まるのです。今年は過去最多204ものビールがエントリー。ピルスナー部門35種、IPA部門67種、濃色系ビール部門54種、小麦系ビール部門48種で、ブルワリー及びインポーターは60社にのぼります。

昨年の会場の様子と、ピルスナー部門でNo.1に輝いた「PLANK / Pilserl」の輸入元KOBATSU トレーディングのコバツ氏

さて、審査終わってからが私たちビール好きにとって本当のお楽しみ。こちらは入場料500円で約210種類のビールを1杯300円~で飲み比べが可能。鑑評会に出品しているビールの多くもその場でいただくことができるのです(一部フェスティバルに出展していないビールもあります)。鑑評会の順位発表もフェスティバル中にあるので、飲み比べしながら順位を予想してみるのも楽しいかもしれません。出店するブルワリーは山梨県「Outsider Brewing(アウトサイダーブルーイング)」、三重県「伊勢角屋ビール」、長野県「OH!LA!HO BEER(オラホビール)」、京都府「京都醸造」、新潟県「スワンレイクビール」、東京都「Devil Craft Brewery(デビルクラフトブルワリー)」、「T.Y.HARBOR BREWERY(ティーワイハーバーブルワリー)」、「Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)」、神奈川県「横浜ベイブルーイング」など37社。それぞれこの鑑評会のために照準を合わせたコンディション万全のビールをいただくことができます。さらにフードも充実、馬車道の老舗とんかつ専門店「勝烈屋」、炭火のグリル料理が美味しい「charcoal grill green(チャコール グリル グリーン)」もビールに合うフードを携えて参戦します。

ちなみに昨年、見事1位に輝いたビールたちは、【ピルスナー部門:Pilsner style】が小田原鈴廣の「箱根ビール / 箱根ピルス」とKOBATSU トレーディングが輸入するドイツの「PLANK / Pilserl」、【IPA部門:IPA style】が山梨県「Outsider Brewing / エニグマIPA」、【濃色系部門:Dark style】が「那須高原ビール株式会社 / 那須ロイヤルスタウト」。会場でビールを飲み比べしながら、今年の結果を楽しみに待つとしましょう。

JAPAN BREWERS CUP 2017ジャパンブルワーズカップ2017

会場:横浜大さん橋ホール 日程:1月27日(金)~29日(日)

JAPAN BREWERS CUP 2017

住所:
神奈川県横浜市中区海岸通1-1
横浜港大さん橋国際客船ターミナル
時間:
1月27日(金)17:00~22:00、28日(土)11:00~21:00、29日(日)11:00~19:00
入場料:
500円(当日、現地での購入のみ) ビール代別途1杯300円~
URL:
http://japanbrewerscup.jp/

更新: 2017年1月24日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop