NEWS

編集部が気になる旬なニュースをお届けします

四国の日本酒を旅するように楽しめる! 
利き酒イベント「Shikoku Sake Trip」9月22日開催!

険しい山々とそこから流れる仁淀川、四万十川、吉野川と豊かな水と風土に恵まれ、さらに上質な地元米、研究熱心な杜氏たちの力もあり、全国の鑑評会でもじわじわとその存在感を示している四国の日本酒。徳島県、香川県、愛媛県、高知県の実力派な蔵元の日本酒と、美味しい食材を使用した郷土料理を学びながら楽しめるイベント「Shikoku Sake Trip(四国“酒”トリップ)」が9月22日(木曜日)、秋分の日にエコッツェリア丸の内で開催されます。

徳島県酵母と徳島県産米を使いワインのようなフルーティな酒を醸す「三芳菊酒造」他、徳島県から3蔵。米の味を丁寧に引出した酒で定評があり、この秋から醸造責任者として女性蔵人が指揮を執る新体制の「川鶴酒造」他、香川県から2蔵。平成の名水百選のひとつ「つづら淵」の近くに位置し、その地下水と愛媛の米で酒造りを行う「近藤酒造」他、愛媛県から6蔵。地元で庶民の酒として親しまれながらも新酒品評会等で高い評価を得ている銘柄“文佳人”を造る「アリサワ酒造」他、高知県から4蔵。合計15の蔵が参加し、それぞれの自慢の酒が飲み比べできるのです。

イベントは3部制で、一部「日本酒で綺麗になろう! 美のカリスマをお呼びしてビューティー講座」、二部「日本酒を学ぼう! 東京農大 穂坂教授と蔵元の、お酒造り常識ってあるの!? ぶっちゃけ本音トーク!」、三部「蔵元と飲んで食べて遊ぼう♪」と、それぞれ美、学び、遊びをテーマにしたコンテンツもご用意。それぞれ入れ替え制で、四国食材を使ったお食事と四国の日本酒の飲み比べができる懇親会と合わせて、チケットはお一人様6,000円(3部通し券10,000円)。

四国に馴染みがある人も、興味がある人も、四国の美味しいものを学びながら体験できるこのイベント。蔵元たちの酒造りへのこだわりを聞きながらいただく日本酒はきっと格別なものになるはず。シルバーウィークのご予定にいかがでしょう?

コンテンツの詳細はこちら

■第一部「美と健康の日本酒」(11:00~13:00)
・11:00〜11:30 開会式〜乾杯〜講座
「日本酒で綺麗になろう! 美のカリスマをお呼びしてビューティー講座」
・11:30〜13:00 四国の郷土料理と酒を楽しむ
■第二部「学びの日本酒」(14:00~16:00)
・14:00〜14:30 開会式〜乾杯〜講座
「日本酒を学ぼう! 東京農大 穂坂教授と蔵元の、お酒造り常識ってあるの!? ぶっちゃけ本音トーク!」
・14:30〜16:00 四国の郷土料理と酒を楽しむ
■第三部「遊びの日本酒〜蔵元と飲もう!懇親会〜」(17:00~19:00)
・17:00〜17:10 開会式〜乾杯
・17:10〜19:00 蔵元と飲んで食べて遊ぼう♪  四国の郷土料理と酒を楽しむ

Shikoku Sake Tripシコク サケ トリップ

Shikoku Sake Trip

会場:
エコッツェリア丸の内(東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー JXビル1階「3×3Lab Future」、http://www.ecozzeria.jp/)
参加費:
6,000円
※会費には講座、きき酒代、四国食材ケータリング、などが含まれます。
※物産品は別途ご購入できます。
チケットの購入:
①下記の店舗にて販売
和酒バルKIRAZ(東京都目黒区三田2-9-5 1F、03-3712-7277)、オールザットジャズ(東京都新宿区荒木町9-22 菅沼ビル 2F、03-5379-3663)、夢酒グループ全店 http://www.musshu.jp/(銀座 夢酒みずき、酒蔵レストラン宝、夢酒知花、吟醸料理・酒 ふくろう、SAKEビストロW)
②Eチケットにて購入
Peatix /http://ptix.co/2agO6jB
イープラス/http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002198331P0030001P0006
お問い合わせ先:
Shikoku Sake Project 実行委員会(まみや、やまかわ、03-3491-1532)
URL:
https://www.facebook.com/shikokusakeproject/

更新: 2016年8月17日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop