GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

贈りたい、日本のお酒|奥野田葡萄酒醸造の「ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン2017」

お酒をプレゼントする時、どんなものを買ったらよいか、迷ってしまうことはありませんか。ホームパーティの手土産や、上司へのお祝い、または外国の友人にプレゼントをする機会もあるかもしれません。そんな時、お気に入りのお酒があれば、その場に楽しい会話が生まれるはず。その大切な1本に、“日本の”美味しいお酒を選んではいかがでしょうか。

今回も、神楽坂にあるビストロ「レストランD」のソムリエ、池戸卓さんに“日本のワイン”を選んで頂きました。池戸さんが選ぶ、“ワイン好きな人に贈りたい”日本のワインとは、奥野田葡萄酒醸造の「ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン2017」。

奥野田葡萄酒醸造が運営する奥野田ワイナリーは、山梨県・甲州市塩山に位置する小さなワイナリー。数軒の農家が運営していた醸造場を、1989年に中村雅量さんが引き継ぎ、同県の代表品種である甲州をはじめ、シャルドネやカベルネ・ソーヴィニョンなど、ヨーロッパ系品種の開発にもチャレンジしています。自然農法にこだわり、気候や風土に合わせたブドウづくりで、ミネラル感のあるワインが特徴です。

池戸さんがおすすめする1本は「ラ・フロレット ハナミズキ・ブラン2017」。

「こちらでは、シュール・リーをした甲州がブームになる以前から、このつくり方を始めています。完熟した甲州を使用し、ブドウに付着している野生酵母で低温発酵。バトナージュといって澱をかき混ぜているので、華やかで豊かな香りと、奥行きのある味わいになっています。甲州というと、軽めのイメージがあるかもしれませんが、少しの苦味と甘味もしっかりと感じられます。

マリアージュには、ガルグイユトリュフバターソースなど、たっぷりの野菜を使った料理との相性が抜群です。和食でも、野菜の天ぷらやあんかけなど、優しい味わいの料理に合うので、食中酒として飲んでいただくのがおすすめです」

この可愛らしいエチケットは、奥野田さんの奥さまが、ワインの味わいをイメージして描いています。繊細さと華やかさを兼ね備えたハナミズキの花が、このワインにピッタリ。誰かにプレゼントする際には、話したくなるストーリーです。

2017年ヴィンテージの生産本数は5300本で、6月7日にリリースされたばかり。ワイン通なあの方に、早速プレゼントしたい1本です。

池戸 卓

RECOMMENDER 池戸 卓

レストランD 店長。
日本ワインのメーカーズディナーやワイナリーツアーを積極的に開催するなど、日本ワインの普及に精力的に活動している。

レストランD

レストランD

住所:
東京都新宿区白銀町12 白銀ビル 1F
TEL:
03-5579-8674
営業時間:
17:30~24:00 (L.O.22:30)
定休日:
日・祝日
URL:
http://www.restaurant-d.com/index.html

更新: 2018年6月8日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop