GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

贈りたい、日本のお酒|シャトレーゼベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリーの「勝沼甲州シュールリー 2016」

お酒をプレゼントするとき、どんなものを買ったら良いか、迷ってしまうことはありませんか。ホームパーティの手土産や、上司へのお祝い、または外国の友人へのプレゼントをする機会もあるかもしれません。そんな時、お気に入りのお酒が1本あれば、その場に楽しい会話が生まれるはず。その大切な1本に、“日本の”美味しいお酒を選んではいかがでしょうか。

今回は、神楽坂にあるビストロ「レストランD」のソムリエ、池戸卓さんに“日本のワイン”を選んで頂きました。「レストランD」では、ワインを提供するだけでなく、メーカーズディナーやワイナリーツアーを開催するなど、全国の生産者とのつながりを大切にしています。

そんな池戸さんが選ぶ、“気軽に贈りたい”日本のワインとは、シャトレーゼベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリーの「勝沼甲州シュールリー 2016」。

「シャトレーゼ」というと、お菓子を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、この勝沼ワイナリーでは、2000年からワインの醸造を開始し、地元に根付いたワイン造りをしています。ブドウ畑は勝沼町を中心に、標高が高い山の急斜面や、甲州市を流れる日川沿いなど、テロワールに合わせてブドウを栽培しているのだそう。

「様々なブドウ品種の中でも、山梨のワインを飲むなら、やはり甲州がオススメ。800年以上の歴史があり、今では日本の代表品種として親しみやすいブドウです。『勝沼甲州シュールリー 2016』は、その名の通りシュールリー製法という、瓶詰め直前までワインと澱をしばらく接触させる方法を採用しています。甲州ならではの味わいを楽しみながらも、しっかりとしたコクや旨みも楽しめます。飲みやすく、料理にも合わせやすいので、カジュアルなホームパーティにもピッタリ。オススメのマリアージュは、魚介のカルパッチョや帆立のタルタルなど、冷たい前菜料理。もちろん日本料理との相性もバッチリです」と池戸さん。

価格は1,994円と、日頃のプレゼントにも購入しやすい価格です。インターネットや大型販売店などで購入しやすい点も、魅力のひとつ。また、「アジアンワインレヴュー2018 銀賞」や「日本ワインコンクール2017 銅賞」といったコンクールでも受賞をしたお墨付きです。

爽やかな天候が続く、これからの季節。「勝沼甲州シュールリー 2016」は、そんな季節に贈りたい1本です。

写真:広瀬美佳

池戸 卓

RECOMMENDER 池戸 卓

レストランD 店長。
日本ワインのメーカーズディナーやワイナリーツアーを積極的に開催するなど、日本ワインの普及に精力的に活動している。

レストランD

レストランD

住所:
東京都新宿区白銀町12 白銀ビル 1F
TEL:
03-5579-8674
営業時間:
17:30~24:00 (L.O.22:30)
定休日:
日・祝日
URL:
http://www.restaurant-d.com/index.html

更新: 2018年5月12日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop