GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

料理のアクセントにもぴったりな「朝倉山椒のタプナード」|ライターに訊く当意即妙なギフトの手口

朝倉山椒は、兵庫県養父郡朝倉村(現在の養父市八鹿町朝倉)に自生していたものを栽培用に系統選抜したものが始まりといわれています。特徴はさわやかな柑橘系の風味。

今回はそんな朝倉山椒を使用したタプナード2種類「VERT(ヴェール)」と「ROUGE(ルージュ)」をご紹介します。

「VERT」は、朝倉山椒の魅力である柑橘系のさわやかな風味と辛みを存分に味わうことができる味わい。一口いただくと、朝倉山椒の豊かな心地よい香りが鼻からぬけていきます。バゲットとの相性も抜群です。

「ROUGE」は、ドライトマト、松の実などを加えてマイルドな味に仕上げた一品で、山椒の辛味が少し苦手な方におすすめです。口に運ぶと、しっかりとトマトの味が出ているので、たっぷりバゲットに塗っても辛味が気になりません。

朝倉山椒のタプナードは、野菜や魚介、獣肉などさまざまな食材との相性が良いので、幅広いジャンルの料理に手軽に活用することができます。ぜひあなたのお気に入りの美味しい食べ方を見つけてみてください。

更新: 2017年11月17日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop