GIFT

大切な人への贈り物に、ちょっとした手土産に

季節のおくりもの|レモンの爽やかな風味が心地よい ルスルスの「鳥のかたちのクッキー」

2007年に東麻布でお菓子教室をメインに、木・金・土の3日間だけお菓子屋さんとして営業していた「菓子工房 ルスルス」。短い営業時間ながら、その美味しさとかわいらしいデザインのお菓子の数々に、またたくまに東京手土産の定番に。2012年には浅草は観音裏に2号店目をオープンし、松屋銀座にも店舗を構えます。浅草のお店にはイートインスペースもあり、焼き菓子だけでなく、プリンやゼリー、季節のフルーツを使った生菓子もいただくことができます。

そんなルスルスの人気の品と言えば「鳥のかたちクッキー」。実はこちら、今年は酉年ということで年末年始のタイミングでご紹介しようと思っていたのですが、人気のあまり予約待ちの状況。ようやく最近落ち着いてきたようで、松屋銀座店でも予約なしで買えるようになってきたということでご紹介とあいなったわけです。

アルミの缶を開けると、折り紙とショップカードが。そして薄紙を開けば、かわいらしい鳥のかたちをしたクッキーが表れます。アイシングでキレイにおめかしした鳥、風を切るように翼を広げる鳥、穏やかに羽ばたく鳥、あれ?ペンギン?のような形の鳥、いろんな鳥が計19枚入って1,728円。少しかために焼かれて、ほどよいサクサク感。アイシングはレモンの風味がきいていて、シンプルで素朴ながら、また食べたくなる味わいです。緑の鳥は優しい抹茶のフレーバー。

実は、クッキーと一緒に入っていた色紙は敷紙に使ってほしいと言う作り手の心遣い。夕焼けの空を飛ぶ鳥をイメージしているんだとか。ちなみに、もうひとつのルスルスの人気商品「夜空缶」は、星型の少ししっとりめのクッキーに紺系の折り紙が同封されています。新田あゆ子さん、まゆ子さん姉妹で創業し、2人で大切に育て上げてきた「ルスルス」は今年で10年周年を迎えるそう。ひとつひとつ丁寧に手作りしているお菓子が美味しいことはもちろん、残しておきたくなるパッケージや、折り紙に表れている心遣い、ルスルスが長い間多くの人に支持されている理由がわかる、そんな魅力が詰まったお菓子なのです。

菓子工房ルスルス 浅草店カシコウボウ ルスルス アサクサテン

住所:
東京都台東区浅草3-31-7
TEL:
03-6240-6601
営業時間:
12:00~20:00(イートインは土・日・祝日のみ)
定休日:
月曜日、火曜日
URL:
http://www.rusurusu.com/

更新: 2017年6月9日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop