Japanese skills to the world Through the cocktails

Daiki Kanetaka is a bartender who runs “D. Bespoke” in Beijing and Singapore, and “D. Classic” in Jakarta. He talks about his strong preference for creating the original cocktails using the Japanese products.
北京、シンガポールで「D.Bespoke」を、ジャカルタでは「D.Classic」を営むバーテンダー、金高大輝さん。日本のプロダクトを使ってオリジナルカクテルをクリエイトするこだわりについて語ります。

(後に日本語が続きます。)

As the bar name “D. Bespoke” interprets, cocktails are all bespoken besides classic ones.  “We try to feel what kind of cocktail our customer wants to drink now and make the only one by using own experience and knowledge.”  That kind of Kanetaka style could be seen by just looking at the bar tools he uses.

 “The tool I use to make this cocktail is Magewappa (traditional bendwood craft) of Kanaami-Tsuji in Kyoto, handcrafted especially for my hand size.  I use when I make fruit cocktails.  Also, I use Kanaami-Tsuji’s strainer to strain the cocktail.  I think we should introduce more of Japanese traditional craft beautility at the bar scenes.  Also, this spirits (wapirits) named ‘TUMUGI’ is made by Sanwa Shurui, and this is typically Japanese spirits made by Japanese yeast, which we should announce more to the world.”

Another Japanese equipment he is fond of is “BIRDY.” cocktail tool.  Yokoyama Kogyo Co., Ltd.  who makes the automotive parts at Toyota city, a car-industrial home territory at Aichi Prefecture, used their polishing technique to make cocktail shakers and that’s how “Birdy.” was created.  A highly-technique craftsman polishes the inside of the shaker to a 0.1-micron level and that keeps the damage and stress out when the liquid and steel mix together thus adds cocktail mellowness.  Finishing of the polish is the handiwork done by Japanese skilled craftsman.

 “They respond more to the bartenders’ needs and that is why they have fans all over the world.  Moreover, using this tool to make the cocktail becomes one of the opportunities to let foreigners feel closer to great Japanese skills.”

Japanese craftsmen’s attachments are hiding behind Kanetaka’s cocktails. That is why his cocktails are remarkably beautiful.

カクテルを通じて 日本の技術を世界へ

店名の「D Bespoke」(大輝によるオーダーメイド)が物語るように、カクテルはクラシックなもの以外はすべてオーダーメイド。「お客様が今、飲みたいものを察知し、経験や知識を巡らせてぴったりのカクテルをお作りする。これは、とても日本的なサービススタイルだと思います」。そんな金高流スタイルは、道具のこだわりにも見て取れます。

「このカクテルメイキングで使っているのは、京都「金網つじ」の曲げわっぱを私の手の大きさに合わせて作っていただいたもの。果物のカクテルを作る時に使います。また、カクテルを濾すストレイナーも「金網つじ」の茶漉し。日本の伝統工芸の機能美をバーのシーンで活かすのも、我々がもっと行うべきことだと感じています。また、『TUMUGI』 というこのスピリッツ(和ピリッツ)は「三和酒類」によるもので、日本の麹を使った日本らしい個性がある、世界に発信しいていきたい日本のスピリッツです」

そんな彼のもう1つのこだわりの日本の道具が、「BIRDY.」のカクテルツール。自動車産業のお膝元、愛知県豊田市で自動車部品を作る「横山興業」が、その研磨技術を応用し、カクテルシェーカーを作ったのが「Birdy.」誕生のきっかけ。0.1ミクロン単位の緻密さで研磨されたシェーカー内部は、液体が金属と触れ合う際に生じるダメージやストレスをおさえ、カクテルに滑らかさを与えます。その磨きの仕上げは、日本の熟練職人の手作業のなせるワザ。

「バーテンダーが欲している物に期待以上の形で応えてくれるのが、世界中にファンを作っている要因。さらに、このツールを使うカクテル作りは、海外の方に素晴らしい日本の技術を身近に感じて頂けるキッカケにもなります」

金高さんのカクテルの裏側には、日本の職人の想いが隠れています。だから、彼のカクテルは、かくも美しい。

D. Bespoke

住所:
2 Bukit Pasoh Road, Singapore 089816, Singapore
TEL:
+65 8141 5741
URL:
http://dbespoke.sg/

更新: 2018年8月8日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop