Scenery Where Rich Japan is Created:美しい日本が生まれる風景|Rose Farm KEIJI

Rose Farm KEIJI creates the quintessential Japanese beautiful wa-bara (Japanese roses) at Moriyama, Shiga Prefecture.  The concept of its original breed is “nurturing natural beauty.”  Usually, roses are grown in the nurtured water known as “nutriculture,” but at the farm, roses are grown in “soil culture.”  Less fertilizers turn the soil richer where lots of microorganisms and insects live and lead roses to bloom beautifully in their own natural way. 

There are about 60 breeds of WABARA which all has its beauty as if grown in the wild with overflowing energy.  Each breed has names such as Aoi, Iroha, and Miyabi, and given names integrate with Japanese wa culture.  Their loveliness easily draws our attention, but at the same time, glamorous roses blend in with surrounding, and that really shows what the Japanese beauty is.

Such Rose Farm KEIJI focuses to grow edible roses.  At directly owned WABARA Café, Akihito Tabuchi, the chef of restaurant Ludens in Kyoto, plans the menu.  He produces original coffee and desserts using WABARA, together with Kenichi Kunieda, CEO of Rose Farm KEIJI.  Uniquely, you get one WABARA when you order at the café.  They started to hand a rose because they wanted people to feel roses something familiar and nothing special.  Of course, this special complimentary rose was soon talked about.

Their upcoming new menu, granolas, are made of rose petals and nuts from all over the world.  A faint smell of the roses and just-right sweetness make your daily life a bit nicer like a feeling you get looking at roses.  They are going to introduce more new products such as bread using rose yeast, Misuzuame jellies using WABARA, and so on.

Rose Farm KEIJI CEO Kenichi Kunieda / LUDENS Akihito Tabuchi Chef

Kunieda appreciates local foods.  He does not think only about his company but looks ahead the future of Moriyama city.  He makes new menus with Chef Tabata such as smoked Omi-beef steak using rose branches, rose-mixed spice to serve with local vegetables, etc.  We cannot wait for WABARA restaurants to open soon.

WABARA collaborates with different organizations, such as elementary schools and talks about flowers.  No wonder they are loved by locals.  WABARA already exports their roses throughout the world and just like Japanese cuisine accepted by foreign countries, it is not too far that Japanese roses will be known and loved by many chefs and florists.

Rose Farm KEIJIを設立した國枝啓司氏

滋賀県・守山市に、“わばら”を生産する「Rose Farm KEIJI」があります。同社のオリジナルローズのブランド、WABARAのコンセプトは、「生きたバラをつくる」。通常バラは「養液栽培」といって、土ではなく、養分の入った水の中で成長させるのが主流ですが、ここでは「土耕栽培」です。化学肥料は使わず、微生物や虫たちの力を借りる土壌は、バラが持つ自然本来の美しさを引き出します。野に咲くような美しさと、湧き出るようなエネルギーを感じるWABARAの品種は、現在約60種類。それぞれ名前は、「葵」「いろは」「雅」など、和を連想させます。パッと目を引く 華やかさがありながらも、周りと調和するその美しさは、まさに日本の美。

そんな Rose Farm KEIJIのCEO國枝健一氏は、鑑賞するだけのバラにとどまらず、“エディブルフラワー”として食べられるWABARAの生育にも力を入れています。バラの細胞に含まれる水だけを抽出したセルウォーター(細胞水)とドライペタル(乾燥花びら)というバラ100%の純度の高いプロダクトを、新たな価値創造の主軸として展開。

直営の「WABARA Café」では、京都のレストラン「LUDENS」の田淵章仁シェフがメニューをプロデュース。WABARAを使用したコーヒーやスイーツなど、わばらの新たな可能性を追求しています。

まもなく販売開始になるWABARAグラノーラは、世界各国から集めたナッツ類と、バラのドライペタルを合わせています。ほのかなバラの香りと適度な甘さは、バラを鑑賞するのと同じように、毎日の生活がちょっと素敵になる味わい。バラ酵母を使用したパンや、WABARAペタルteaなど、新商品も続々と展開予定です。

さらに「WABARA Café」では、なんとワンオーダーにつき WABARA を 1 本プレゼント。バラを気軽に、身近に感じてほしいという想いからこのサービスが始まり、話題になっています。

WABARAグラノーラ/WABARAのバラ酵母/アワビとWABARAのサルサヴェルデ/近江牛炭火焼WABARA スパイス

國枝さんは、地域の食材を大切にし、WABARAだけでなく、守山市の発展までをも見据えています。近江牛のステーキをバラの枝で燻したり、バラ入りスパイスを地物野菜と合わせたりと、バラの可能性を広げる料理を田淵シェフと考案中。WABARAレストランがオープンする日が、今から待ち遠しくなってしまいます。

小学生の花育や、他業種とのコラボレーションにも力を入れ、地域の人たちにも愛されている WABARAは、すでに世界中に輸出もされています。海外で人気を博した日本の食材同様、WABARAが外国のシェフやフローリストといったアーティストたちに認められる日は、 そう遠いことではないでしょう。

Rose Farm KEIJI CEO國枝健一氏 / LUDENS 田淵章仁シェフ

更新: 2018年6月1日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop