SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|虞妃|代々木上原

昨年の10月、代々木上原の住宅街にひっそりとオープンした四川料理の店。シェフの佐藤剛さんは、四川料理の銘店で修行を重ね、四川省で新たな可能性を学び、自分なりの解釈で料理の幅を広げている。いろいろな特徴のある唐辛子、現地の発酵調味料、香り豊かな山椒など四川の香辛料を使い分け料理の表情をだしていく。個性の光る料理の一品一品は、食べてどれも楽しいものばかり。

外から見ているだけでは、中国料理店とは解りにくい外観。外からカウンターだけが見えるので、カフェバーなのかな?といった雰囲気。

しかし、実際は骨太なコース料理もあれば、料理一品とお酒だけという使い方もできる、日常的にも気軽に利用できる店として、地元の人にも愛されている。

特製麻婆豆腐 土鍋仕立て

四川料理の代表といえば、麻婆豆腐。普通に注文すると十分に美味しい麻婆豆腐もあるのだけど、好奇心旺盛な方には、「特製」がおすすめ。豆板醤と山椒が違うのです。香り豊かな山椒の香り、辛いだけではない、奥深い辛みの味わいは病みつきになる。

担々麺

やっぱり担々麺も捨てがたい。通常のおなじみの坦々麺に加え、汁なし担々麺も人気。上質なスープの味わいにオリジナルのラー油と自家製の芝麻醤は、濃すぎず、しっかりと味わい深い。しっかり卵の風味のする細麺とのバランスが絶妙。

大山地鶏四川風辛味炒め

鮮やかな唐辛子の赤と香菜の緑が,何とも食欲をそそる一品。食べると、それ程辛すぎることはなく、唐辛子の風味がじゅうにぶんに味わえる。三種類の唐辛子に、五香粉、クミン、フェンネルシードで、香りづけされ、香菜が、アクセントに。

季節野菜とお焦げ

夜のコースの一品。野菜は季節によってことなるが、野菜の歯ごたえや季節の香りを四川のお焦げ料理で堪能出来る一品。あんには、こごみ、蕾菜、筍、蕗の薹、蓮根、帆立、豚が入っていて、どれもしっかり存在感があり、初夏らしい歯応えと味わいだった。

虞妃ユイフェイ

中華料理

虞妃

住所:
東京都渋谷区上原1-17-14 1F
TEL:
03-5790-0909
URL:
https://www.facebook.com/yuifeiyoyogiuehara

更新: 2015年5月27日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop