SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|おむすびまるさんかく|外苑前

前回「こだわりの一皿」でこだわりの朝ごはんを掲載させていただいた「おむすびまるさんかく」さん。今回は、オーナーの大倉千枝子さんに“特別ないくらが入ったから是非食べに来て”とお誘いを受け、夜の部が始まったばかりの「おむすびまるさんかく」さんに晩ごはんで伺わせていただきました。

店内

店内に入ると、前回来た時にはなかった、なんとも可愛い珍しい素材のリースが!こちらは稲穂で作られているリースで、デザイナーさんに発注しているそうです。ここの壁には写真展が行われるなど、時期によって様々な作品が見られるのも楽しみの一つ。

日本酒

夜の部ではお酒が楽しめます。「いくらには、日本酒でしょ!」ということで日本酒をセレクト。本日いただいたのは「砂潟 純米酒(山形)」。実は日本酒があまり得意でない私が美味しく飲めたので是非飲んでいただきたいです!味は後味すっきりの辛口です。

おちょこのデザインがお月さまのようで、お酒をそそいだら、きらきらお月さまになりました。

前菜の一皿

4種のおひたしはあくまでも素材の味が主役に調理されており、「彩り・香り・食感」を楽しめる一皿。野菜の旨味を引き立てる優しい味付けがとても効いています。丁寧に調理されたことがわかるとこちらも幸せな気分に。ゆっくり時間をかけていただきました。

庄内産 生いくら&秋鮭ごはん

さて、いよいよメインです。出てきた瞬間に思わず「わーーーっ」と声が出てしまうほどいくらのツヤが美しく、とても綺麗な色でした。身がしっかりとした秋鮭がさらに食欲を増進。まずはシンプルにいくらだけをいただき、そのあとはお醤油にわさびを合わせて味わいました。とっても濃厚で幸せな一杯でした。夜の部メニューはフードも含め定期的に変わるそう。

真室川産 原木なめこ汁

いくら丼とともに出てきたのがこちらのお汁。きのこが大好物なので秘かにテンションを上げながらいただきました。初めて「おむすびまるさんかく」さんに伺った日に朝ごはんでいただいたお汁が優しすぎて感動したのを思い出しました。やっぱりこのなめこ汁も絶品で心のこもった気持ちの伝わるお汁でした。ここのお料理をいただくと本当に心が洗われるのです。

おむすびまるさんかくオムスビマルサンカク

和食

おむすびまるさんかく

住所:
東京都渋谷区神宮前3-1-25
TEL:
03-3402-5730
営業時間:火~金:9:時30分~15時 ご予約以外ごはんがなくなり次第に終了。(朝ごはん:9時30分~11時、ランチ11時30分~15時)、金:夜の部 16時〜22時 、土:(不定期):
URL:
http://omusubi-garden.com/omusubi-garden/marusankaku_top.html

更新: 2015年11月18日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop