SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

料理家って日々何かを研究しています!さあ、研究を発表してもらいましょう!

第14回 前谷 玲子さん
応用したくなるアイデア料理

藤沢のご自宅でなかなか予約が取れない料理教室
「LIFE BOX」を開催している、前谷玲子さん。
3人のお子様のママでありながら、日々の生活の中で常に新しいレシピを考案しているそうです。
今回ご紹介するレシピはFOODPORT.の8月のテーマである「トマト」を用いてのフルコース!
なんと取材にお邪魔してから1時間以内に3品+カクテルでテーブルセッティングまで終了。
この夏、これらのレシピが大活躍な予感ですよ。

トニモカクニモ段取りが大事

「難しくなく誰にでもできるのに、お客様にも出せるお料理というのが私のスタイルです」と前谷さん。
料理工程に出てくる食材や調味料は確かに簡単に手に入るものばかり。
そもそも料理教室を始めたのは、
「ママ達で集まる際に出すお料理にみんなが感心を持ってくれて、『教えて』と言われたことがきっかけなんです。」
とのこと。
その後、口コミで噂はどんどん広がり大人気の料理教室に。当時は3人目のお子様が生まれたばかりで、バタバタの毎日だったため、
「始めたころは生徒さんが息子をあやしてくれたり、おむつを替えてくれたり(笑)」
なんてことも。
お料理教室では、前菜にサラダ、メインにデザートとフルコースを伝授。ここで前谷さんが一番気にしている点がある。
「お料理教室では1時間でできたのに、おうちに帰って再現してみたら2時間かかりましたでは、意味がないんです。教室でできた時間と全く同じタイムスケジュールで完成してもらいたいので」
家庭の主婦にとっては、食卓の準備は毎日のこと。
「段取りよく準備をすることで、調理時間が大幅に短縮されるというノウハウを知ってほしい」
と前谷さん。

生徒さんの驚きを見たい

さて、今回の調理を見ている中で「へ~!」「なるほど」「すご~い」を連発した私たち編集スタッフ。

「トマトを凍らせておいて、水につけると湯向きのように皮がむけるんですよ」
「すご~い!」
そんな私たちの声を聞くと嬉しそうな前谷さん。
「料理教室でも生徒さんの驚きが見たくって、アイデアを考えています」
レシピに関しても『これじゃなきゃ』でなく、『これでも作れそう』を生徒さんが思いつくようなものを意識しているそう。さらに、「お皿もなるべく使いまわすスタイルで提案しています。洋食ではこんな使い方、和食にするとこういう盛り付け、など。料理に合わせて食器を変えるとなるとなかなかご家庭では大変ですよね。常に身近な料理教室でいたいと思うんです。」
今回のトマトのフルコースは夏のホームパーティにぴったりのメニュー!
予約困難な理由がわかっちゃいますよ。

|夏にぴったり!ガスパッチョのソルベ風|

<材料>
・トマト 1個
・玉ねぎ 1/6個
・パプリカ 1/6個
・セロリ 7センチ
・オリーブオイル 適量
・お酢 小さじ1

<RECIPE>
① トマトは丸ごと冷凍庫に入れてカチカチに凍らせたら、水につけて皮を 剥き、ざく切りにする。玉ねぎ、パプリカ、セロリもざく切りにする。

② ①をミキサーに入れ、オリーブオイル、お酢も加えて滑らかになるまで混ぜる。

③ お皿にもってハーブを飾る。

|鶏肉のロースト トマトとらっきょうソースがけ|

<材料>(2人分)
・塩麹につけた鶏もも肉 1枚
・トマト 1/2個
・らっきょう 約90g
・大葉、みょうが 適量
・ラー油(食べるだとベスト) 小さじ1
・黒すりゴマ 大さじ1
・醤油 大さじ1

<RECIPE>
① 鶏肉を魚焼き用のロースターで焼く。

② 焼いている間に、らっきょうをフードプロセッサーでみじん切りにし、トマトを細かいザク切りにして合わせてラー油、醤油、黒すりゴマを加えて混ぜる。

③ ①の鶏肉に②をかけて、大葉とみょうがをのせて出来上がり。

|完熟トマトのアジアンどんぶり|

<材料>(2人分)
・トマト 2個
・卵 2個(ポーチドエッグ、もしくは温泉卵)
・生野菜 適量
・玉ねぎ 薄切り適量
・スイートチリソース 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ1
・小麦粉 適量
・小魚のおつまみ、フライドオニオン 少々
・ごはん どんぶり2膳分

<RECIPE>
① トマト1個を厚めにスライス(3枚ぐらい)する。

② ①のトマトに小麦粉を振り、オリーブオイルで熱したフライパンで焼く。

③ 焼き目がついたところでスイートチリソースを入れて味付けをする。

④ 丼にごはんを盛り、その上に生野菜、トマト、ポーチドエッグを盛りつける。
最後に小魚のおつまみ、フライドオニオンをのせて出来上がり。

前谷 玲子 (まえたに れいこ)

前谷 玲子 (まえたに れいこ)

料理教室 「LIFE BOX」 主宰
東京都出身。フランス留学後、専門商社プレスを経て、結婚。
料理好きが幸いし、5年前から料理教室を開催。
「LIFE BOX」は過去に実父が展開していた、システムキッチンの名称と同じ。
『ハードとソフトで人生が豊かになるお手伝いができたら』と願う。
 
Blog: http://ameblo.jp/guri-and-latte/
Facebook: LIFE-BOX

更新: 2013年8月7日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop