SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

料理家って日々何かを研究しています!さあ、研究を発表してもらいましょう!

第11回 藤田 咲子さん
手作りスイーツの魅力

「手作りのあたたかさをきちんと伝えたい」と、
お店を開業した藤田咲子さん。
自由が丘駅から徒歩7分ほどの場所にとてもほっこりとしたカフェを開業したのは、2011年3月のこと。
お店を切り盛りしながら、ママでもある藤田さんから今回提案いただいたのは、「おうちでできるタルトスイーツ」です。
お店の本格的なレシピを自宅で手軽に楽しめるように改良していただきました。

素材の個性を知るということ

自由が丘「Bloom’s」は、イートイン9席のとってもかわいいお店。ここの店主が藤田咲子さん。

欧風家庭料理とともに、ワインも楽しめるプチビストロの要素を持ちつつ、手作りのタルトと焼き菓子を提供している。
女性に大人気の手作りタルトは、40種類以上のラインナップから日替わりで5~8種類がショーケースに並ぶ。
「粉や、バター、そしてお塩。それぞれの素材の個性を知り、ゆっくり丁寧に作る毎日がとても楽しいです。どれくらい焼きこむと一番のおいしさが引き出せるかということには常に気を使っています」
タルトのほかに、スコーンやフィナンシェ、マドレーヌなどの焼き菓子も人気商品。それぞれに素材の適正を生かして焼き上げている。
「アーモンドパウダーなんかもそうですね。皮ありのもの、皮なしのものでは全く仕上がりが異なりますので、しっかりと素材と向き合っています。」
最近では、お店のほかにもイベント出店を行なったり、他のカフェにスイーツ提供をしたりと活動の場を広げている毎日だ。

手作りから伝わる愛情

手作りという点では、メニューだけにはとどまらない。 店内の装飾も友人の手作り作品が多いとのこと。

「みんなでゆっくりと創りあげてきたお店なんです」
藤田さんの人柄をそのまま映し出したような「Bloom’s」。大人が落ち着ける空間となっている。そして、なんと子育て中のママでもある藤田さん。手作りから伝わる愛情には人一倍想いも強い。
「食べる人に対する想いを込めながら作るってとても大切だと思います。それは必ず伝わるから。家族であっても、お客様であっても。だからこそ、少し手間がかかっても手作りのスイーツには幸せが宿るんだと思うのです」
今回はご自宅でも手軽にチャレンジできる「りんごと抹茶とホワイトチョコレートのタルト」のレシピをご紹介いただきました。ぜひ、大切な人へ想いを込めて作ってみてはいかがでしょう。

|りんごと抹茶とホワイトチョコレートのタルト|

<材料>(市販のタルト台18㎝1台分)
◎クレームダマンド
・バター70g
・粉糖 60g
・全卵 70g
・アーモンドパウダー 70g
・コーンスターチ 10g
・抹茶 7g
・ホワイトチョコレート 30g
・ラム酒 10g
◎りんご(あれば紅玉りんご) 1個~1.5個
◎市販のタルト台18㎝ 1台

*下準備
・バターと全卵は室温に戻しておく。
・アーモンドパウダー、コーンスターチ、抹茶は合わせてふるっておく。
・オーブンは170℃に温めておく。
・ホワイトチョコレートは、湯せんで溶かしておく。

<RECIPE>
☆まず、抹茶のクレームダマンドを作ります。



① ボールに、室温に戻して柔らかくしたバターと粉糖を入れ、白っぽくなるまでホイッパーですり混ぜる。

② 全卵の半量を加えて混ぜる。

③ ふるっておいた粉類の半量を加えて混ぜる。

④ 全卵の残りを加えて混ぜ、ふるっておいた粉類の半量も加えて混ぜる。

⑤ ラム酒を加えて混ぜる。

⑥湯せんで溶かしたホワイトチョコレートを加えて混ぜる。
→抹茶のクレームダマンドのできあがり!

☆できあがったクレームダマンドをタルト台に詰めて焼き上げます。

⑦ タルト台に、抹茶のクレームダマンドを、平らに敷き詰める。

⑧ りんごを皮付きのまま、5ミリの厚さにスライスする。

⑨ クレームダマンドの上に並べる。

⑩ 170℃のオーブンで、45分~50分焼く。
→しっかり冷ましてできあがり!

<POINT>
・卵を混ぜるときに分離しないよう、粉類と交互にしっかりと混ぜましょう。分離しないコツは、材料を室温に戻しておくこともポイントです。
・もしあれば、クレームダマンドの1/3量を、クレームパティシールに置き換えると、 さらに美味しく仕上がります。
・りんごの他にも、サワーチェリーや甘く煮た紫芋などもおススメです。

藤田 咲子(ふじた さきこ)

藤田 咲子(ふじた さきこ)

自由が丘の焼き菓子とカフェのお店
「Bloom’s」のオーナー。
大切にしていることは「想いを込めた手作り」

建築会社へ勤務ののち、お菓子屋さんになりたいという夢を諦め切れず、製菓学校にて勉強。同時にカフェや小売店にお菓子を卸す。
卒業後ビストロへ勤務。

2011年3月Bloom'sをオープン。
自ら手掛けた店舗デザインは、ファッション雑誌やTVコマーシャルのスタジオとしても取り上げられている。

二級建築士。製菓衛生師。

www.jiyugaoka-blooms.com

更新: 2013年5月8日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop