SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

料理家って日々何かを研究しています!さあ、研究を発表してもらいましょう!

第5回 永倉いちずさん
可愛くまとめる・スピードワンプレートごはん

モデルのようなスタイルの良さと抜群にキュートな笑顔をもつ料理研究家、永倉いちずさん。保育園の栄養士、カフェのメニュー開発等を経て、現在は専門学校 のカフェコースの講師やメーカー企業のレシピ提案等も担当するバイタリティあふれる女性である。そんな彼女が研究を重ね得意とするのが、いわゆるワンプ レートごはんだ。

一皿で味わう満足感

「忙しい毎日の中でも、一回ごとの食事はとても大切です。
そのためあまり手間暇かけず、でも見た目は可愛く栄養バランスも考えてというところがポイントでしょうか。一枚のお皿で食べていただいた人をいかに満足させるかということを考えています。」と永倉さん。

食時間を大切にすることは、からだとこころの健康と直結する。
そのためにも、いわゆるカフェ飯の中でもきちんと栄養を取得できるのはもちろんのこと、食事をのせるお皿からカトラリー、グラスなどトータルバランスにも気を使う。

12月には初のレシピ本「ワンプレートごはん レッスン帳」を発売する。
「まさに、旦那様・お子様・彼氏にはもちろんのこと、自分のためにも作りたくなるワンプレートばかりを集めました。優しい簡単レシピとなっているので、料理初心者の男性にもチャレンジしてほしいレシピ集になっています」とのこと。

お皿の中の彩りも





「今回のレシピはお肉の下準備を除くと、15~20分で完成します」の言葉通り、 確かにあっという間に仕上がってしまい、手際よく彩りバランスも整えて、お皿に盛り付けて完成。
現場で調理工程をみていたカメラマンも「これなら作りたくなる!!」と素直に発したほど。
「豚肉ときのこのクリームカレー」「オクラの粒マスタード炒め」にミニトマトのマリネを添えてまとめたワンプレートレシピにカレーと相性のよい「ラッシー」も加えてのご紹介です。



|豚肉ときのこのクリームカレー|

<材料>
(2人分)

・豚肩ロース肉(薄切り) 150g(こま切れ、ロース、ももでもOK)
以下A
・ヨーグルト(プレーン) 大さじ2
・生姜 1/2かけ分(5g)
・カレー粉 大さじ1/2
・塩 少々

以下B
・にんにく(みじん切り) 1片分
・玉ねぎ(薄切り) 1/2個

・エリンギ 1P
・しめじ 1P
・サラダ油 大さじ1
・白ワイン 大さじ1
・カレー粉 大さじ1/2
・生クリーム 1カップ
・塩こしょう

<RECIPE>
① 豚肉は食べやすい大きさに切り、Aにつけ15~20分おく

② エリンギは長さを半分にし、適当な大きさに裂く。
しめじは石突を切り落とし、小房にほぐす。

③ フライパンにサラダ油とBを入れ弱めの中火で炒める。
にんにくの香りがたち、玉ねぎがしんなりしたら1を加え強火で炒める。

④ きのこも加え炒め、きのこがしんなりしたら白ワインを加えざっと炒めアルコールが飛んだらカレー粉を加えよく炒める。

⑤ 生クリームを加え、混ぜながら中火で煮詰める。
とろみがついたら塩とこしょうで味をととのえる。

|オクラの粒マスタード炒め|

<材料>
(2人分)
・オクラ5本
・サラダ油 小さじ1
・粒マスタード 小さじ1強
・塩 適量

<RECIPE>
① オクラは産毛をとるように塩で板ずりし、洗って水けをふきとる。ガクを落として縦半分に切る。

② フライパンにサラダ油を入れて熱し、オクラを炒める。
しんなりしてきたら粒マスタードを加え塩で味をととのえる。

|ラッシー|

<材料>
(2人分)
・ヨーグルト(プレーン) 200g
・牛乳 200cc
・砂糖 大さじ2
・レモン汁 大さじ1

<RECIPE>
① ボウルにすべての材料を入れてよく混ぜ合わせる。氷を入れたグラスに注ぐ。

<POINT>
ワンプレートでおいしく楽しんでいただくために、お好みで。
・バターライス(バターで炒めた米を炊き、塩で味をととのえる)
・ミニトマトのマリネ(ミニトマトを砂糖、塩、赤ワインビネガー、サラダ油でマリネ)
・イタリアンパセリ(飾り)

永倉 いちず (えいくら いちず)

永倉 いちず (えいくら いちず)

茨城県出身・東京都在住

2004年 東京家政大学家政学部栄養学科栄養学専攻卒業 大学卒業後、保育園に栄養士として勤務。
その後、飲食店経営会社等にて、メニュー開発や提案、店舗運営、新店舗立ち上げ、 広告デザイン、スタイリングや料理写真撮影、イベント料理講師などの経験を積む。
2010年 東京都渋谷区 「学校法人安達文化学園専門学校ビジョナリーアーツ」に入社 カフェ専攻担任として、実習やメニュー企画開発、ショッププランニング、 フードコーディネートなどの講義を行う。 現在、専門学校講師の他、食品メーカーや飲食店のメニュー開発、ケータリング、料理撮影スタイリング、料理講師等食に関わる様々な仕事に関わる。

2012年12月 料理本を出版

ワンプレートごはん レッスン帳

更新: 2012年10月30日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop