SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

料理家って日々何かを研究しています!さあ、研究を発表してもらいましょう!

第3回 仲里園子さん/山口蝶子さん
大人気 「グリーンスムージー」の火付け役!

もはや、空前のグリーンスムージーブームと言っても過言でないほどの人気ぶり。 女性誌を開くと、ほとんどといってよいほどグリーンスムージーのレシピ記事。 有名モデルや芸能人もはまっているご様子です。 そのグリーンスムージーの火付け役は、仲里園子&山口蝶子姉妹ユニットなのです。

旬による味わいの変化を体感

毎日必ず自分たちもグリーンスムージーを飲みながらレシピ開発も行っているお二人。
野菜についての知識や感じることはどんどん増えていくという。
「夏の時期は水菜や小松菜に苦みや辛みが出てくるので葉だけを使用するなど、やはり季節によって野菜の味にも変化がでるので、その知識をもつことは大切ですね」と仲里さん。
「よくこの効果は?って聞かれるんですけど、グリーンスムージーは何を飲んでも基本は美肌につながっていると思うんです(笑)。
ただ、著書の『からだの中から若返るグリーンスムージー健康法』を監修していただいた医学博士には具体的な効能をよりわかりやすくまとめていただいてので、自分たちもより知識が広がりました」とのこと。

絶妙なバランスが織り成すレシピ

「レシピはいつも考えています」と山口蝶子さん。
数々の著書や料理教室で、数えきれないほどのレシピを発表しているお二人だが、
レシピの感覚のずれはないのだろうか。
「それが恐ろしいほどないんです。たとえばレモンを1/2入れてみて、やっぱり1/4かなと思っていると、二人とも同じことで同意みたいな(笑)」
さて、今回のレシピはどの本にも掲載していないという貴重なレシピ。
FOODPORT.初公開です。
「ぶどうの美味しい時期なので、ぜひ味わってくださいね」とお二人。
ぜひこの機会をきっかけにグリーンスムージー生活始めてみては?

みんなでグリーンスムージーを




簡単でからだの中からきれいになるグリーンスムージーを始めるきっかけにと、9月に「グリーンスムージー4 Weeks」というイベントを開催。
http://www.greensmoothie.jp/
「みんなでグリーンスムージーを4週間飲みましょう!というイベントなんです。参加費は無料で、途中参加もOKなので、ぜひ一緒にチャンレンジしてみてくださいね」


|グリーンスムージー|

<材料>
(1リットル分)
・グレープフルーツ 1個
・白ぶどう 1房
・バナナ 1本
・りんご 1/2個
・セロリの葉 1本分
・水 1カップ

<RECIPE>
①グレープフルーツは外の皮と薄皮をむいて種を取る

② ぶどうは房から外して皮のまま使う

③ バナナは手で大きめにちぎる

④ りんごの皮はむかずに、種も一緒に適当な大きさに切る

⑤ すべての材料をミキサーに入れて、なめらかになるまで混ぜ合わせる

仲里 園子(なかざと そのこ)/山口 蝶子(やまぐち ちょうこ)

仲里 園子(なかざと そのこ)/山口 蝶子(やまぐち ちょうこ)

■仲里 園子(なかざと そのこ)

6歳から15歳まで、イギリスとアメリカで育つ。慶応義塾大学文学部美学美術史学科卒業後、大手百貨店内セレクトショップに勤務。 2004年に出産後、息子のアレルギーをきっかけに食生活を見直し、体に優しい料理の研究を始める。お野菜料理の料理教室の主催や、妹と共にケータリング やイベントに出店する傍らローフードの楽しさに目覚め、海外の料理本などを参考に、独学でローフードを学ぶ。 2009年に日本初のロースイーツ専門店Shalimar de la TefuTefuを立ち上げ、現在はレシピ開発や雑誌へのレシピ提供も行っている。グリーンスムージー講座では、デモを担当。


■山口 蝶子(やまぐち ちょうこ)

3歳から12歳まで、イギリスとアメリカで育つ。慶応義塾大学文学部英米文学科卒業後、外資系PR会社、アパレルブランド専門のPR会社 などを経て、ファッション業界紙の記者として翻訳、編集を行う。 2009年に独立後、フリーランスの翻訳家、ライターとして活動しながら、以前からケータリングや料理教室を主催していた姉と共に日本初のロースイーツ専 門店Shalimar de la TefuTefuを立ち上げる。 2010年に、グリーンスムージーの考案者であるヴィクトリア・ブーテンコの代表著書「グリーン・フォー・ライフ」(高木書房刊)の日本語訳を手掛け、来 日講演では通訳を務める。 グリーンスムージー講座では、レクチャーを担当。

http://www.greensmoothie.jp/

更新: 2012年9月4日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop