SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

料理家って日々何かを研究しています!さあ、研究を発表してもらいましょう!

第2回 愛場 千恵子さん
効率のよい簡単メニュー

料理研究家にもさまざまな立場のスタイルがある。 愛場千恵子さんは、栄養士、フードコーディネーターの資格を活かしながら飲食店のトータルプロデュース会社(クーニーズ・アソシエ)に所属し、メニュー開発をしているエキスパートである。

おいしいはもちろん、その先が大切

現在の仕事に就くまで、愛場さんは様々な企業のメニュー開発担当を経験している。「現職までは、企業色の中での開発をしていたので開発の幅は決まりきっていたものでした。しかし、今はいただくお仕事によるので、カフェメニューやお弁当 メニューから、均一居酒屋のメニューまで本当に幅が広く、こちらもどんどん知識を吸収しないといけないんですね」

そんな愛場さんが、常に念頭においているのが「いかに簡単においしく料理をまとめられるか」。
自らも仕事をしながらの自炊となると、効率的で簡単ということも重要であるが、
第一に業務において居酒屋やカフェ業態のメニュー開発を行っているからという点は見逃せない。そもそも、店舗からメニュー開発をお願いされるという場合は、その先で調理をする人たちには、経験があまりなかったり、学生のアルバイトの可能性もあるから。
そんなスタッフが作っても、失敗がないメニューを提案するのが、彼女の仕事なのだ。

一つのお鍋でいくつものおいしさ。

今回、愛場さんが提案してくれたメニューは、『ル・クルーゼで温野菜バーニャカウダ&カマンベールフォンデュ』お鍋一つで、二つのメニューが簡単にできあがるスペシャルメニュー。

アイデアと仕上がりを見ておもわず感動!「ル・クルーゼに野菜・バーニャカウダソース・カマンベールチーズを入れて蒸しあげるだけで、熱々の温野菜のバーニャカウダとチーズフォンデュが同時に出来上がります。

ル・クルーゼに詰めて加熱5分!超簡単で、彩り野菜のビジュアルも良く、女子会にもオススメのメニューです!」と愛場さん。もちろん女子力UPのこのメニューですが、男の手料理の逸品にもおすすめです。この夏、一度は試したくなるメニューです。

|ル・クルーゼで温野菜バーニャカウダ&カマンベールフォンデュ|

<材料 3~4人分>
鍋:ル・クルーゼ18㎝鍋使用

【バーニャカウダソース】
・アンチョビペースト 5g
・にんにく(みじん切)3g
・生クリーム     30g
・マヨネーズ     20g
・トリュフオイル   2g
・ブラックペッパー  適量

【カマンベールフォンデュソース】
・カマンベールチーズ 1個
・ブラックペッパー  適量

【具材】・・・お好みの野菜などをご使用ください。
・ズッキーニ     1/2本
・ブロッコリー    1/3株
・赤パプリカ     1/3個
・ヤングコーン    4本
・カブ        1個
・アスパラ      2本
・エリンギ      1本
・オクラ       2本
・かぼちゃ      40g
・水(蒸し用)    30㏄
・バケット      4~5切
・ソーセージ     2本

<RECIPE>
①バーニャカウダソースの材料をココットに入れ混ぜ合わせ、ル・クルーゼの中央に置きます。

②野菜、ソーセージをお好みの大きさにカットし、①のバーニャカウダソースのココットのまわりにバランス良く並べ、水を野菜にかけます。

③カマンベールチーズの上表面を薄く削り、ワックスペーパーにのせ ②のバーニャカウダソースの入ったココットの上に置きます

④ル・クルーゼの蓋をして中火で5分蒸し焼きにします。

⑤蒸しあがったル・クルーゼをソーサーにのせ、鍋からカマンベールチーズを取り出し、ブラックペッパーをかけます。

カットしたバケットを添え出来上がりです。

<POINT>
・お野菜の硬さによってサイズや切り方を調整すると火の入り具合が統一されます。



・バーニャカウダソースに少し“トリュフオイル”を入れることでコクがでるのでかなりおすすめです。

愛場 千恵子(あいば ちえこ)

料理家 愛場 千恵子(あいば ちえこ)

富山県出身・東京都在住

1998年 相模女子大学短期大学部 食物栄養学科卒業
栄養士・調理師・フードコーディネーター2級

短大卒業後、コンビニエンスストアのお弁当を中心とする中食のメニュー開発として4年携わり、商品の企画、提案、レシピ作成、原価計算、現場落とし込み等、商品開発の基本を学ぶ。
その後、飲食店経営会社にて、外食のメニュー開発、新店舗の立ち上げ等を経験する。
2005年 現在在籍の飲食店のトータルプロデュース会社【株式会社クーニーズ・アソシエ】に入社。
フードプランナーとして、飲食店舗のメニューコンセプト企画書作成、食器やマテリアル選定、食材仕入れ先選定、原価計算、レシピ作成、調理指導等、プロデュース全般の仕事を担う。
2011年 在籍会社直営店舗である中目黒の『和BISTRO gg』の立ち上げに関わりオープン時のシェフを担当。
現在、本業の飲食プロデュースを中心業務とし、カフェ、居酒屋チェーン店、食品メーカー等のメニュー開発、料理撮影スタイリング等、食に関わる様々なプランニングに関わる。

更新: 2012年8月7日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop