SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

編集部の足跡レストラン|キッチン パンチ|上目黒

今月のFOODPORT.の「中目黒特集」にちなんで、中目黒の地で創業昭和41年の「キッチン パンチ」さんへ。

噂は聞いていたものの、なかなか機会が作れず、足を運べなかったお店の一つ。編集部スタッフとともに前日からとても楽しみにしていました。

なぜだか昔から“昔ながら”の洋食屋さんってワクワクするのです。

看板と入り口

中目黒駅改札を出て右手の方面に進み、中目黒の人気ピザ店「聖林館」のほど近くに「キッチン パンチ」はあります。手書きの小さな看板が目印です。入り口には美味しそうなお料理が並ぶショーケースがあり、昭和の香りが漂っています。最近はショーケースを店頭に置くお店も少なくなりました。

店内

ドアを開けると、11時半だったからか、すぐにテーブル席へ案内してもらうことができました。この後、12時になったあたりからはすぐにほぼ満席状態に。見た感じ、様々な年代の方達が次々に来店されるのでこの界隈のランチ店でも人気なのが伺えます。店内奥には“人気メニューベスト3”が黒板に書いてあるので注文の際は参考にしてみてくださいね。

オムライスwithエビフライ

洋食屋さんに行くと必ず「オムライス」を注文します。昔大好きだった洋食屋さんのドラマで主人公が頬張るオムライスがとっても美味しそうだったからです!そして、今回は¥700の大きなエビフライを贅沢にもトッピング。これこそ“贅沢の極み”な感じがします。エビフライの海老は弾力があってボリューム満点。いざ、オムライスを口に運ぶと、卵が薄すぎず厚すぎず、半熟すぎず固すぎずで個人的にパーフェクトでした。ソースはシンプルにトマトケチャップ。

目玉焼きハンバーグ定食

こちらは編集Tがオーダー。こちらは大きな目玉焼きが乗っかった「ハンバーグ定食」。もう目玉焼きでハンバーグ隠れちゃっています。ごはんとお味噌汁が付いてきて、半ライスか普通盛りか聞かれるのですが、悩んでいたところ、奥の厨房から店主が「ごはんはいっぱい食べて大きくなりなさい!(笑)」と。急でびっくりしたもののとても陽気に笑う店主の言葉に、思わず普通盛りをオーダー!(しっかり綺麗に食べました。)

ふりかけ

さきほどのごはんの話からなのですが、ウエイトレスのお姉さんが「ごはんが残ってしまったらふりかけあるからね」と言ってくれました。案の定少しごはんが、、、。そして、テーブルの中央に置かれているふりかけを最後にかけて残りのごはんを完食。なかなか自分で買うことのない“ふりかけ”にちょっぴり実家を思い出し、お店のアットホームな雰囲気も相まって、懐かしい気持ちになりました。

キッチン パンチキッチン パンチ

キッチン パンチ

住所:
東京都目黒区上目黒2-7-10
TEL:
03-3712-1084
URL:
http://r.gnavi.co.jp/e416800/

更新: 2016年2月24日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop