SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Matsushima|代々木上原

編集部の足跡コメント

代々木上原駅南口2出口から徒歩2分ほどの場所に中華料理『Matsushima』があります。店内に入ると、そこには温かみのあるウッディー調でまとめられた空間が。『Matsushima』では、普段なかなか味わうことのできない、中国の郷土料理をいただくことができます。郷土料理というとあまり馴染みがありませんが、なんだか懐かしく、そしてどれも絶品…!限られた席数だからこそ落ち着いて食事を楽しむことができるので、大事な記念日の日にもおすすめです。

1品目は「苗族伝統 鯰の酸湯魚 発酵トマトの土鍋煮込み」。中にはなまず、発酵白菜、発酵トマト、パクチーが入っています。ひとくちいただくと、なまずのくさみはまったくなく、身はふっくらとやわらかく、中までトマトの味わいがしみこんでいます。そしてパクチーと一緒にいただくと、また香りが異なり、エスニックテイストに。

2品目は『新疆ウイグル自治区 羊のごはん』。現地では“ポロ”と呼ばれており、ヨーグルトをかけて食べることが多いのだとか。蓋をあけた瞬間、湯気がふわ~っと広がり、店内に良い香りが充満します。ごはんはもちもちで、炊き込みご飯のよう。

少しいただいたところで、ごはんと一緒に出されるヨーグルト、クミン、唐辛子を投入。シェフにこれらのおすすめの配合を伺うと、「ごはん6:ヨーグルト4の組み合わせに、クミンを表面にうまる程度入れ、それより気持ち少ないくらいの唐辛子」と教えていただきました。

実際にすべていれてみると、ヨーグルトをいれることでごはんにコクがプラスされ、酸味は一切気になりませんでした。そしてクミンや唐辛子をいれることで、カレーのような味わいへとチェンジ。常連さんは唐辛子を多めに入れる方が多いのだそう!

最後は「南蛮風 鴨肉の酸レモン炒め」。レモン炒めで酸味がきいており、夏場でもさっぱりといただける一品。この料理に使用されている食材は、先月シェフが中国に行った際に買ってきたものだそうで、食材がある今だけの期間限定のメニューです。日本人好みの味わいはごはんがほしくなります!

普段味わうことのない新たな味を、ぜひ味わいに行ってみてください。

Matsushimaマツシマ

住所:
東京都渋谷区上原1-35-6
第16菊地ビルB1F
TEL:
03-6416-8059
営業時間:
18:00~24:00(22:30L.O.)
定休日:
水曜日

更新: 2017年8月30日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop