SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ら すとらあだ|中野坂上

編集部の足跡コメント

中野坂上駅から徒歩3分ほどにある隠れ家的名店である「ら すとらあだ」。閑静な住宅街で看板も表札もなく、こちらのお店目当てで訪れない限りきっと通り過ぎてしまいます。

靴を脱いで中に入ると、カウンター数席と2つの座敷のみこれまた飾り気のない店内。それでいて予約の絶えない名店であり続けていることは、純粋に蕎麦の味で勝負している証といえるでしょう。店主の日比谷吉弘氏が丁寧に手打ちしている蕎麦や日本各地の食材で作られた小鉢料理は、運ばれてくるのはゆっくりであるものの、こだわりを感じるお料理ばかりでした。

そば 細麺 群馬県産

定番の細打ちの蕎麦。石臼手挽きの粉を使用していて他より少し粗めなので、のどごしよりも歯ごたえを感じながら食べるのがおすすめなのだそうです。めんつゆも用意されますが、一緒に用意される塩で食べるとより一層そば本来の味を堪能でき、のどごしも抜群です。

そば 平麺 群馬県産

個人的に1番美味しいと感じたのがこちらの平打ちの蕎麦。細打ちと同じ産地の粉を使っているとのことでしたが、こちらのほうがより蕎麦の香りと風味をしっかりと感じられました。同じ粉でも打ち方によってニュアンスが大きく変化するので、ゆっくり3種類を食べ比べてみてください。

そば 太麺 京都産

一番粗めに挽かれているこちらの太麺。噛み応えある食感でやはり上2皿とはちがった味わいが広がります。

そばブラマンジェ

3種の蕎麦を堪能し満足していたところで、〆のデザートが運ばれてきます。

そばの味は強くなく、上品でほどよい甘さなので重たくなく最後までおいしく味わうことができます。食器や匙も上質で、洗練された料理の美味しさをさらに引き立ててくれるものばかり。
お店の外観と同じように、余計なものをはぶき純粋に実力で勝負している店主のモットーが感じられるようでした。

メニュー表は用意されておらず、その時々のおすすめの小鉢料理とそばをコース形式でいただくことができる「ら すとらあだ」。クラフトビールや日本酒のバリエーションも充実しているので、お酒と蕎麦と一緒にゆったり時間を過ごすのがおすすめです。

ら すとらあだラ ストラアダ

ら すとらあだ

住所:
東京都中野区本町2-41-2
TEL:
03-6276-8364
営業時間:
[火・木] 12:00~14:00 18:30~21:00(L.O.20:30) [水・金] 18:30~21:00(L.O.20:30) [土] 12:00~16:00 (しばらくの間火曜日のランチは休み) ※売切れ次第終了
定休日:
日・月曜日 臨時休業あり

更新: 2017年7月19日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop