SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

Best Local Restaurants in Japan =SHIKOKU=

|遠征レストラン[19]|
東京の名料理人がわざわざ赴く店〜四国編〜
香川/徳島/高知県 5軒

人はなぜ旅に出るのか。その明確な答えを持っているわけではありませんが、まずは日常から離れたことで解放感を味わえることがあると思います。一方、知らない土地の中で緊張感を感じることもあります。その期待と不安を抱えた心のまま、“美しい”、“楽しい”、“美味しい”ものと出逢うとさらに感動できたりするのかもしれません。ただ、これまでは美しい観光地や楽しいアクティビティが目的で旅をしていた人が多いかと思いますが、今度は美味しいものを味わうために旅してみるのも素敵ではないでしょうか。そこで、今月は「わざわざ東京から遠征しても行きたい地方の名店」をご紹介する特集をお届けします。ずらり掲載しているお店は、すべて東京の名料理人90名に教えていただいた全171軒。料理人の方々なればこそ美味しさはお墨付きで、夏休みの計画をこれから立てる方は旅のヒント集として、是非ご活用ください。

香川県

|146|香川県・高松市【中華料理】長江SORAE

明日を健やかにする中国料理を瀬戸内の景色と、波音とともに

高松駅から車で20分ほどの屋島は、那須与一が船上の扇の的を射たことで知られる源平「屋島の戦い」の舞台。歴史ロマンを感じるこの地に、オーナーシェフの長坂松夫氏が「長江SORAE」を開いたのは5年前です。

店の入口に、イサム・ノグチの制作パートナーだった和泉正敏作の庵治石のつくばいがある

「自然に囲まれた静かな場所で、食を巡る時間をより豊かに過ごしてもらえたら」と、東京・西麻布で中国料理レストラン「麻布長江」を営みながら、故郷の香川で土地探しを始めました。2年半も費やし探し当てたのは、瀬戸内の多島美が一望でき、緑に囲まれた海辺の高台。湾を挟んで向かいは、彫刻家イサム・ノグチも魅せられアトリエを構えた庵治石の産地で、山肌も露わな採石場が見えます。ここを訪ねる多くの人は、まずテラスに出て、背伸びをしながら深呼吸するそうです。

李香彩盤(前菜盛り合わせ)料理は季節やその日の仕入れ状況により変わる

日々の雑念を吐き出して穏やかな瀬戸内の空気と入れ替え、体と心を整えて食事に臨むため、皆が自然に行うよう。ゆったり海を眺めていると、やがて室内からスパイスの香りが漂ってきました。長坂シェフの専門は四川料理ですが、中国全土の調理法で、瀬戸内で多く獲れる小魚や地元産の有機野菜を、見た目も鮮やかな1皿に仕立てます。常に自身に問うのは「素材の味は生きているか」「食べる人の五感が動くか」ということ。

料理はもちろん軽妙な語りも魅力的な長坂シェフ/どの卓からも海と緑が見える。

炉龍蝦

また、全国から集ってくれる美味しいもの好きのために、どこかに驚きを持たせるのも必須です。揚げたメバルにモロヘイヤとナガイモのソースをかけた料理を説明しながら、「今日は、メバルの顔がよくできたんだよぉ」と茶目っ気ある発言で、テーブルに笑いもプラス。確かに「滑芋大口魚」のメバルの顔には愛嬌がありますね。

波音が響くテラス席

食事を終えたら、デザートと飲み物はテラスに移って。「できるだけ油を減らしている」という料理は、満腹なのに重くないのが不思議。食後は、海岸沿いの遊歩道を歩いて、料理の余韻とともに濃い潮の香を記憶に刻むのがおすすめです。

明るく健やかに生きて、楽しく健やかに食べる。長坂シェフのシンプルな思想が胃袋に染みて、明日の自分も元気にしてくれそうです。

長江SORAE(チョウコウ ソラエ)
ランチ・ディナーともに、前日までに要予約。メニューはコース(7品)のみの用意で、昼は5,940円〜、夜は9,180円〜
香川県高松市屋島東町32・12
087・843・2567
営業時間:12:00〜14:30、17:30〜 火定休
http://choko-sorae.com/index.html

|RECOMMENDER|
リストランテ濱崎
濱崎龍一さん
公私共に親しくさせていただいている、長坂シェフのお店。もともと東京の「麻布長江」のオーナーシェフでいらした方です。

|147|香川県・まんのう町【うどん】山内うどん

必ず迷う? 山の中にあるうどん店

昔ながらの工程で作るうどんは、強いコシと独特の食感が特徴。オススメは温かい出汁でいただく冷あつ。トッピングも豊富。

香川県仲多度郡まんのう町十郷字大口1010
0877・77・2916

|RECOMMENDER|
アンビグラム
伊沢浩久さん
讃岐うどんを食べ歩きしたことがあるのですが、その中でも一番衝撃的な美味しさでした。時間を作ってまた、行きたいです。

徳島県

|148|徳島県・鳴門市【うなぎ】藤崎屋

唸るほど旨い!文句なしの逸品

徳島で一番美味しいと言われるうなぎ専門店。あまりの人気に行列になることも。定番のうな重も捨てがたいが、名物せいろ蒸しも絶品。

徳島県鳴門市大津町矢倉浜手20・3
088・686・1290
http://www.fujisakiya.jp

|RECOMMENDER|
シェフス
南俊郎さん
地元に帰った際に行く店。関西圏の焼き(かばやき)ですが、骨っぽさもなく、香ばしくふっくら。徳島では一番美味しい店だと思います。

高知県

|149|高知県・高知市【ダイニングバー】resort dining Se Relaxer(リゾートダイニング ス・ルラクセ)

自分の目で見極めた素材で地産地消

使う食材は基本的にすべて地元高知産のもの。それも生産者と築いた信頼関係があってこそ。ゆったりと身体に優しい料理が味わえる。

高知県高知市帯屋町2・1・34 Keiビル3F
088・854・8480
http://resot-dining-se-relaxer.com

|RECOMMENDER|
ヴァッカロッサ
渡邊雅之さん
山本シェフの地元の食材の普及、食文化活動に共感しています。

|150|高知県・高知市【ジビエ料理】Nook's kitchen(ヌックス キッチン)

連日予約で満席のジビエ専門店

お店のために狩猟された様々なジビエをカジュアル、お洒落に提供。世界中のジビエを知り尽くしたオーナーが作る料理は逸品です。

高知県高知市本町3・2・48 鍋島ビル1F
080・3920・7471
http://www.nookskitchen.com

|RECOMMENDER|
サル イ アモール
宮崎健太さん
新鮮なジビエ(特に鹿、猪)を色々な調理法で食べられる。自分の地元高知のジビエがこんなに素晴らしいのかとビックリした。

Text sweet thick omelet、小寺慶子、effect(佐藤潮、荒井しんご、平岡あみ)、多田真奈美、メトロミニッツ編集部
Photo 中村政秀
※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.153に掲載された情報です。

更新: 2017年5月12日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop