SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

✈︎WORLD FOOD PORT. オランダ発・アムステルダムのおやつとは

日本はそろそろお花見シーズン。
風を感じながら、外で食べるってやっぱりおいしいです。 今回は、
「海より低い土地、風がいつも吹いていて、うっすらとした光が射す運河沿い。そこでくつろいで新聞を読む…そんなオランダのゆっくり時間に魅せられる毎日ですが、彼らのおやつ事情はちょっと日本とは違うんですよ」
という、オランダ・アムステルダム在住の安齋千尋さんに、アムステルダムのおやつをレポートしていただきました!

アップルパイ人気

オランダ人にお気に入りのパイは何かを聞いてみると、
ほとんどの人は「アップルパイ」というのではないでしょうか。

オランダでは “お誕生日の人がアップルパイを振る舞う“ こともあり、みんなそれぞれお気に入りのレシピを持っています。しかもそのレシピは家の伝統レシピだったりするんです。それぞれが独自の味を持ちつつも外 せない共通点…それはシナモンの暖かい香りとホイップクリーム。

国ごとに違うスタバのペイストリーにも、オランダではアップルパイが君臨しています。この国のおやつ時間のアップルパイ率の高さにはびっくりです。最近では移動屋台のアップルパイやさんも大人気とか。
パン屋さんの前を通ると必ずといってよいほどリンゴとシナモンの香りが漂うので、いつもふらっと立ち寄ってしまいます。そもそも、オランダ国民は基本的に焼きリンゴが大好きなんですね。

アムステルダムのお隣り、ユトレヒトではボール型のアップルボールも有名なんですよ。

おやつの定番フリッツ&クロケット

ポテト大国のオランダらしく、食べ盛りの少年をはじめとしてみんなに人気の日常スナックは、 “フリッツ=ポテト” と “クロケット=コロッケ” です。
これが本当にうまうま。何かが日本のポテトと違うのです。
フリッツのおいしさの秘訣は2度揚げだそうで外はカリカリ、中はホクホク。小さいサイズでもモリっと盛ってくれます。

そしてソースの種類がとってもたくさんあるのも魅力的!
ケチャップ、マヨネーズは定番ですが、カレーソースやサテソースも。
種類が豊富なためまったく飽きることがない毎日です。

クロケットの形は、日本のクリームコロッケに近くて形は俵型。
こちらもパン屋さんで売っていたり、なんと自動販売機も!
(あたたかい。。wow!)

自動販売機がどうなっているかというと、後ろからスタッフがコロッケを補充しているんですけどね。

定番、生にしん

なぜこれがおやつになるのかちっともわからないのですが、たっぷりの玉葱にオランダのちっちゃい国旗の爪楊枝がささっている生にしんのマリネ。オランダ国民はこれをスタンドで食べています。

想像できないかもしれないのですが、街角で毎日見る光景です。
とくに5月ころになると初ニシン!のぼりがたち、新聞にはオランダでいちばんおいしいニシンを売る店ランキングが発表されるのです。
サンドイッチバージョンも人気ですよ。

オレンジジュースマシーン

女王様の誕生日Queen’s Dayはオランダのシンボルカラーのオレンジでいっぱいになります。
オランジュ領主だった王家にちなみ、Oranje=オレンジ。
オレンジへの愛着はとっても深いのです。
オランダではスーパーの入り口にだいたいオレンジジュース絞りマシーンが設置してあります。スロットマシーンみたいな機械で、自分で絞りペットボトル一杯2€くらいで売られています。
カフェでもラテのミルクをスチームする音とオレンジをしぼるジュルルという音が交互にする感じです。

以上、オランダのおやつをご紹介しましたが、意外にシンプルですよね。 オランダに来た際には、全制覇をおすすめします!

更新: 2013年3月27日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop