SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

東京のグルメシーンをリードする

|異彩のビストロ[29]|
[Motsu & wine MOZ]三軒茶屋

マニアックだけど、クセになるワインと合う内臓料理

各国の食文化を実体験すべく、世界中を旅した経験を持つオーナーソムリエの大小原将紀さん。予算のない旅の中で最も多く通ったのは食堂で、中でも驚いたのはヨーロッパの食堂の豊富な内臓料理でした。今まで知らなかった内臓の料理法を知り、またワインとよく合うことを学びます。帰国後、日本では珍しい内臓料理をメインにしたビストロをオープン。群馬から仕入れる上質な内臓を使い、ミノやギアラなど5種類の内臓を1日かけてコトコト煮込む「トリッパ・ア・ラ・モード」が看板料理です。他にもフィレンツェの定番もつ煮込みであるランプレドットや豚脳みそとタンのシチュー、ハラミステーキなど、あらゆる部位がワインに合う料理となって登場します。

BRILLIANT!!

NO.1 ワインとよく合う内臓料理がレパートリー豊富
NO.2 低価格からグランヴァンまで幅広いワイン
NO.3 メニューにない小ポーションもリクエストOK

新鮮なモツを使った内臓料理が約50種類。 クミンが効いたトリッパ・ア・ラ・モード780円。海外の料理誌でチェックした郷土料理をアレンジすることも

アルザスのクレマンやシチリアの甘口など、ワインは約200種類。小さな生産者のワインや生産量の少ない希少なワインを世界中から探し出しています。グレートヴィンテージのワインも要相談で。グラスワインは580円から

1人で来る常連客も多いのでメニューをハーフポーションにするリクエストも聞いてくれます。おまかせ盛り680円~は、前菜を少しずつ盛り合わせた、おひとり様にちょうどいい1皿。メニューにはないので食べたい時は相談を

Motsu & wine MOZモツ アンド ワイン モズ

Motsu & wine MOZ

住所:
東京都世田谷区三軒茶屋1・36・1 高木ビル2F
TEL:
03・3411・5464
営業時間:
18:00~翌2:00(翌1:00LO) 無休
URL:
http://moz-sancha.com

Photo:瀧澤晃一 Text:7Q7(味原みずほ、土倉朋子、岡本ジュン)

※こちらの記事は2015年8月20日発行『メトロミニッツ』No.154に掲載された情報です。

更新: 2017年4月30日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop